現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

進行胃癌に対する多次化学療法後XP療法の施行経験

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10526_13
著者:
西川 和宏、岩瀬 和裕、青野 豊一、吉田 洋、野村 昌哉、玉川 浩司、松田 宙、出口 貴司、川田 純
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.20MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy of Capecitabine/Cisplatin Chemotherapy after Failure of All Conventional Therapies in Patients with Advanced Gastric Cancer

Summary
 There is no standard therapy for advanced gastric cancer patients who had already failed treatment with major anti-cancer drugs including fluoropyrimidine, cisplatin, taxans, and irinotecan. We report the results of treatment with capecitabine and cisplatin(XP)after the failure of all other conventional therapies. A total of five advanced gastric cancer patients were treated. The median age was 59 years(range, 46-76); there were 3 male and 2 female patients; performance status was 0/1/2: 2/2/1 patients, respectively. The median duration from start of first-line chemotherapy to XP was 653 days(range, 372-1,107). Three patients were treated after fourth-line therapy and two patients after fifth-line therapy. All of the patients had received S-1, cisplatin, irinotecan, paclitaxel, and docetaxel previously. Patients received 80 mg/m2 of cisplatin intravenously on day 1, and 1,000 mg/m2 of capecitabine orally twice a day from day 1 to day 14 followed by a 7-day rest period. Treatment courses were between 2 to 5. Median time to progression was 107 days. Median overall survival was 245 days. One PR and one SD were reported. All reported adverse events were manageable. XP is considered one of the effective regimens for advanced gastric cancer after all conventional therapies have failed.

要旨
 主要薬剤を使い切った多次化学療法後の進行胃癌症例に対する治療には難渋する。多次化学療法後進行胃癌症例に対してXP療法を施行したので,その経験を報告する。症例は当センターで治療中の進行胃癌5例。59(46~76)歳。男性3例,女性2例。PSは0/1/2各2/2/1例。一次治療開始からXP療法までの期間は653(372~1,107)日で,四次治療後3例,五次治療後2例。全例ともS-1,CDDP,CPT-11,PTX,DOCの5剤は使用済であった。レジメンはカペシタビン2,000 mg/m2/day 2週投与1週休薬+CDDP 80 mg/m2/q3w。施行コース数は2~5コース。TTPは107日,MSTは245日であった。効果はPRとSDを各1例で得られた。有害事象は管理可能な範囲であった。XP療法は,多次化学療法後進行胃癌症例に対する治療の一つとして有用であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【原著】
▶進行胃癌に対する多次化学療法後XP療法の施行経験…西川 和宏ほか
このページの先頭へ