現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

進行再発大腸癌に対するPanitumumabの使用経験

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10528_13
著者:
石井 要、加納 俊輔、武居 亮平、羽場 祐介、大畠 慶直、能登 正浩、竹田 利弥、谷 卓、八木 雅夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.07MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Our Experience with Panitumumab Used for Patients with Metastatic Colorectal Cancer

Summary
 We report having treated patients with metastatic colorectal cancer with panitumumab in our department. Ten patients were treated. The mean age was 65.7 years-old with 7 males and 3 females. Seven patients were treated with only panitumumab, and three patients were treated with panitumumab and another drug. The median number of infusions was 8 times. In the 9 cases that could be evaluated, the disease control rate was 66.6%. Skin toxicity was observed in all patients. A low serum magnesium value of grade 3 was observed in one patient. We consider that treatment with panitumumab for patients with metastatic colorectal cancer was a safe option.

要旨
 panitumumab投与症例における治療効果や副作用について後ろ向きに検討を行ったので報告する。当科にてpanitumumabを投与した進行再発大腸癌10例を対象とした。平均年齢は65.7歳,男性7名,女性3名であった。治療レジメンとしては,panitumumab単独7例,他剤との併用が3例であった。panitumumab投与の中央値は8回,病勢制御率は66.6%であった。副作用は,ほぼ全例に特有の皮膚症状を認めた。マグネシウム(Mg)の投与を要した低Mg血症は1例に認めた。比較的安全にpanitumumabの投与が可能であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【原著】
▶進行再発大腸癌に対するPanitumumabの使用経験…石 井  要ほか
このページの先頭へ