現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

切除不能進行・再発大腸癌に対するBevacizumab併用化学療法の治療成績

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10529_13
著者:
渡邉 貴紀、西脇 紀之、梶原 義典、岡本 拓也、宮本 学、国府島 健、渡邉 佑介、芳野 圭介、河合 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.25MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Efficacy of Chemotherapy Combined with Bevacizumab for Unresectable Advanced or Recurrent Colorectal Cancer

Summary
 Systemic treatment for metastatic or advanced colorectal cancer(mCRC)has remarkably progressed during recent years. All previously untreated mCRC patients at our institution between November, 2007 and June, 2010 were retrospectively evaluated. Of 72 patients, 39 were treated with chemotherapy alone, and 33 were treated with chemotherapy plus bevacizumab(BV). The median progression-free survival(mPFS)was 329 days in the group given chemotherapy plus BV, compared with 209 days in the group given chemotherapy alone(p=0.0189). In sub-group analysis of those treated with chemotherapy plus BV, mPFS between 70 y/o≤and<70 y/o was not different(368 vs 306 days, respectively; p=0.7872). The relative dose intensity of oxaliplatin(L-OHP)was 80% in the group with FOLFOX+BV(n=15), and 92% with XELOX+BV(n=8). Chemotherapy with BV for previously untreated mCRC was well tolerated and effective.

要旨
 進行・再発大腸癌患者に対する全身化学療法は近年大きく進歩している。2007年11月~2010年6月末までに当科にて受診した未治療進行・再発大腸癌患者をretrospectiveに検討した。全72例中,化学療法単独施行は39例,bevacizumab(BV)併用化学療法施行は33例であった。無増悪生存期(progression-free survival: PFS)中央値は,BV非併用群209日,併用群329日であった(p=0.0189)。BV併用群では,70歳以上,70歳未満の両群でPFS中央値に差は認められなかった(368日/306日,p=0.7872)。また,FOLFOX+BV療法群,XELOX+BV療法群では,oxaliplatin(L-OHP)のrelative dose intensityは,それぞれ80%(n=15),92%(n=8)であった。一次治療においてBV併用化学療法の治療成績は良好であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【原著】
▶切除不能進行・再発大腸癌に対するBevacizumab併用化学療法の治療成績…渡邉 貴紀ほか
このページの先頭へ