現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

Pemetrexedの発疹予防に対するSteroidの有効性に関する検討

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10530_13
著者:
石川 寛、大西 智久、小林 里英、大橋 養賢、鈴木 賢一、山本 信之、篠 道弘
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Effectiveness of Steroids for the Rash Side Effect of Pemetrexed

Summary
 Rash is a common side effect of pemetrexed(PEM). In clinical trials overseas, patients were prescribed with dexamethasone(DEX), as a prevention against skin rash. Four mg of DEX was orally administered twice daily on the day prior to, day of, and day after the infusion of pemetrexed. The results showed suppression of the incidence and severity of rash. However, the dosage and period of medication was not fully verified. A recent survey was conducted retrospectively, with 81 patients who started PEM monotherapy from May 2009 to August 2010, to study the effectiveness of steroid rash prevention. The patients were classified into the non-administered group(47 patients), who were not given DEX, and the prophylaxis group(34 patients), who were given a median dose of DEX(2 mg×3 days). The incidence of rash in the non-administered group was 36.2%, and 23.5% for the prophylaxis group. The severity of rash for the non-administered group was G1: 27.7%, G2: 8.5%; and for the prophylaxis group it was G1: 20.6%, G2: 2.9%. The incidence and severity of rash of the prophylaxis group was statistically and significantly lower than that of the non-administered group. This study shows that a small dosage of steroid is a possible precautionary or preventive measure for rash. Therefore, in order to reduce the incidence and severity of rash, a study with higher doses of medication similar to the clinical trials overseas should be conducted.

要旨
 pemetrexed(PEM)の発疹は,高頻度にみられる有害事象である。海外の臨床試験では,発疹予防としてPEM投与前日よりdexamethasone(DEX)1回4 mgを1日2回3日間の経口投与が行われており,発現率や重症度が抑えられたという報告があるが,その後steroidの投与量や投与期間について十分に検証されていない。今回,2009年5月~2010年8月までの間にPEM単剤療法を開始した患者81例を対象として,steroidの予防内服が発疹の発現率および重症度,その他の有害事象などに影響を与えるかどうか後ろ向きに調査を行い検討した。患者背景は,steroidの追加予防内服なし(追加予防内服なし群)47例,steroidの追加予防内服あり(追加予防内服あり群)34例,予防投与量中央値はDEX換算で1日2 mg×3日間であった。発疹の発現率は追加予防内服なし群36.2%,追加予防内服あり群23.5%で,発疹の重症度は追加予防内服なし群G1: 27.7%,G2: 8.5%,追加予防内服あり群G1: 20.6%,G2: 2.9%で,追加予防内服あり群のほうが発疹の発現率および重症度において低かったが,統計学的有意差は認められなかった(順にp=0.166,p=0.663)。今回の研究では,発疹の予防対策としてsteroidの予防投与量が少なかった可能性が考えられた。発疹の発現率をさらに低下させるためには,海外の臨床試験で使用された投与量と同様に,より高用量での検討が必要と考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【原著】
▶Pemetrexedの発疹予防に対するSteroidの有効性に関する検討…石 川  寛ほか
このページの先頭へ