現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

Gefitinibによる肝障害に対し低用量Erlotinib治療が有効であったEGFR変異陽性肺腺癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10531_13
著者:
北出 紘規、山田 忠明、五十嵐紗耶、北国 憲剛、森  光 恵、新宅 君子、佐川 元保、仲井 培雄、矢
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy of Low-Dose Erlotinib Against Gefitinib-Induced Hepatotoxicity in a Patient with Lung Adenocarcinoma Harboring EGFR Mutations

Summary
 We report a case of a female in her 80s who was diagnosed with recurrent lung adenocarcinoma after primary surgery. She was treated with a systemic chemotherapy regimen consisting of carboplatin plus paclitaxel until the disease showed progression. On detection of epidermal growth factor receptor(EGFR)mutations, we administered gefitinib, an EGFR tyrosine kinase inhibitor, at a dosage of 250 mg daily. After 6 months of gefitinib therapy, laboratory findings revealed elevated serum aspartate aminotransferase(AST)and alanine aminotransferase(ALT)levels(grade 2), indicative of hepatotoxicity. Gefitinib was discontinued and erlotinib was initiated at a dosage of 50 mg daily. She continued the therapy for 3 years, during which her disease stabilized without any further complications or hepatotoxicity. Thus, low-dose erlotinib may be effective and well tolerated by patients with non-small cell lung cancer harboring EGFR mutations who are intolerant to gefitinib.

要旨
 症例は80歳台,女性。左肺腺癌術後再発に対し,carboplatin+paclitaxelによる全身化学療法を開始。12コース終了後に左肺転移の増大を認めたため,gefitinib 250 mg/dayの内服治療を開始した。治療開始6か月後に薬剤性肝障害を認め,gefitinib投与を中止し低用量erlotinib 50 mg/dayに変更した。erlotinibに変更後は肝障害の再燃なく,約3年間病勢制御が可能であった。gefitinibによる肝障害のため治療継続困難なEGFR変異を有する非小細胞肺癌に対し,低用量erlotinib治療は安全でかつ有効な治療方法である可能性を示した貴重な症例を経験した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶Gefitinibによる肝障害に対し低用量Erlotinib治療が有効であったEGFR変異陽性肺腺癌の1例…北出 紘規ほか
このページの先頭へ