現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

S-1/CDDP療法が有効であった胃癌による癌性心膜炎の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10533_13
著者:
久賀 祥男、岡信 秀治、北村 正輔、吉福 良公、中村 有希、平野 哲朗、井上 貴統、守屋 尚、大屋 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Gastric Cancer with Carcinomatous Pericarditis Effectively Treated by S-1/CDDP Combined Therapy

Summary
 The patient was a 48-year-old woman, admitted for pleural effusion detected on chest X-ray in July 2005. Computer tomography(CT)scan showed massive pericardial and pleural effusion. We performed pericardial drainage, and the cytological diagnosis of the pericardial effusion was classⅤ. Because endoscopic examination revealed advanced gastric cancer, we diagnosed it as gastric cancer complicated with carcinomatous pericarditis. The serum tissue polypeptide antigen(TPA)level was markedly elevated. In August 2005, we started combination chemotherapy using oral S-1(100 mg/body/day; day 1-21)and intravenous CDDP(100 mg/body/day; day 8)for 5 weeks. After 2 courses, TPA was reduced and pericardial effusion disappeared. However, after 3 courses, pericardial effusion recurred. We changed treatment to weekly docetaxel. After 2 courses, we changed it to paclitaxel/CDDP. However, TPA was increased and pleural effusion and dyspnea occurred. Therefore, we changed to a course of combination chemotherapy using oral S-1(100 mg/body/day; day 1-14)and intravenous CPT-11(100 mg/body/day; day 1 and 8)for 4 weeks from March 2006. After 10 courses, we were unable to control pleural effusion, and dyspnea recurred. She died in December 2006. Gastric cancer complicated with carcinomatous pericarditis has a poor prognosis, but systemic chemotherapy mainly with S-1 was effective.

要旨
 症例は48歳,女性。2005年7月,胸水貯留の精査目的にて入院した。胸部X線にて心嚢水および胸水貯留を認めた。心嚢ドレナージを施行し,心嚢液の細胞診はclassⅤであった。上部消化管内視鏡検査にて進行胃癌を認めたため,癌性心膜炎を合併した胃癌と診断した。腫瘍マーカーとして血清TPAが高値であった。心嚢ドレナージを行い,8月よりS-1+CDDP療法(S-1 100 mg/body・day 1~21,CDDP 100 mg/body・day 8,2週間休薬を1コース)を開始した。2コース後には心嚢水は消失し,TPAは低下した。3コース後に心嚢水が出現したため,weekly docetaxelさらにはpaclitaxel/CDDP療法を行った。しかしTPAは上昇し,胸水貯留さらには呼吸困難が出現した。このため,2006年3月よりS-1/CPT-11療法(S-1 100 mg/body・day 1~14,CPT-11 100 mg/body・day 1およびday 8,2週間休薬を1コース)を開始した。S-1+CPT-11療法を10コース続けたが,胸水はコントロール困難となり呼吸困難が出現し,2006年12月死亡した。癌性心膜炎を合併した胃癌は予後不良であるが,S-1を中心とした全身化学療法は有効であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶S-1/CDDP療法が有効であった胃癌による癌性心膜炎の1例…久賀 祥男ほか
このページの先頭へ