現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

S-1+Low-Dose CDDP療法にて組織学的CRとなり根治切除が可能となった肝転移合併進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10534_13
著者:
竹吉 泉、平井圭太郎、宮前 洋平、田中 和美、高橋 憲史、塚越 浩志、小川 博臣、戸谷 裕之、戸塚 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Pathological Complete Remission Using Low-Dose Cisplatin plus S-1 for Gastric Cancer Patient with Liver Metastases

Summary
 A 70-year-old female presented with epigastralgia. Gastrointestinal endoscopic examination showed advanced gastric cancer type 2. Computed tomography(CT)showed a liver tumor of 37 mm in segment 6. She was treated with oral S-1, 80 mg/body for 14 days, followed by a 7-day rest, and CDDP 20 mg/m2(day 1 and 8). After ten courses of treatment, CT showed reduction of the primary cancer, the liver tumor, and the affected lymph nodes. Then, distal gastrectomy, lymph node dissection, and partial liver resection were performed. The histological diagnosis was no viable cancer cells found in stomach, liver or lymph nodes. One year and 1 month postoperatively, the patient is alive without recurrence.

要旨
 症例は70歳,女性。2010年5月,心窩部痛が出現し近医を受診した。精査の結果,胃癌の肝転移と診断され当科に紹介された。上部消化管内視鏡検査で前庭部に2型の腫瘍を認め,CT検査では肝S6に37 mmの単発腫瘍を認めた。 S-1+low-dose CDDP療法を開始し,計10コース施行した。CTで肝S6の腫瘍は5 mmに縮小し,2011年1月,幽門側胃切除,D2郭清,肝S6部分切除を施行した。病理結果は胃,リンパ節,肝に腫瘍細胞の残存を認めず,組織学的効果判定はGrade 3であった。術後経過は良好で第12病日に退院した。外来でS-1単独補助療法を再開し,術後1年1か月の現在まで再発所見はない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶S-1+Low-Dose CDDP療法にて組織学的CRとなり根治切除が可能となった肝転移合併進行胃癌の1例…竹 吉  泉ほか
このページの先頭へ