現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

胃癌異時性肝転移に対して2回の肝切除を施行し長期間無再発生存中の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10535_13
著者:
幕内 梨恵、坂東 悦郎、後藤 裕信、三木友一朗、山川 雄士、杉沢 徳彦、徳永 正則、谷澤 豊、川村 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.28MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case Experienced Long-Term Survival after Repeat Hepatectomy for Liver Metastases from Gastric Cancer

Summary
 Although the standard treatment for liver metastasis from gastric cancer is chemotherapy, there are several reports demonstrating better survival after hepatectomy. However, repeat hepatectomy for liver metastasis is still rare. We present a case of long-term survival after repeat hepatectomy for liver metastasis from gastric cancer. A 68-year-old male underwent distal gastrectomy with D2 lymphadenectomy for a gastric cancer. The histopathological finding revealed that the tumor was a moderately-differentiated tubular adenocarcinoma 43 mm in diameter, with invasion to subserosa(T3; SS). There was one metastasis to the regional lymph node(#11p). The tumor was classified as T3N1M0(stage ⅡB)according to the 14th edition of the Japanese Classification of Gastric Carcinoma. Fourteen months after the operation, computed tomography revealed two metastases in the lateral segment of the liver. He underwent left lateral segmentectomy followed by adjuvant chemotherapy with S-1(100 mg)for one year. Sixteen months after the hepatectomy, a solitary hepatic metastasis 30 mm in size at segment 8 was found by follow-up CT scan. He underwent repeat hepatectomy. He is free of recurrence now without adjuvant chemotherapy four years after repeat hepatectomy.

要旨
 胃癌肝転移の標準治療は化学療法であるが,近年肝切除による良好な成績も報告されている。しかし,肝内再発に対して再肝切除を行った報告は少ない。われわれは胃癌肝転移切除後の肝内再発に対して再肝切除を行い,長期間無再発生存中の1例を経験した。症例は68歳,男性。2005年10月,検診にて胃体中部大弯から後壁の2型胃癌を発見され,幽門側胃切除術,D2郭清を施行。病理組織診断はtub2,43 mm,T3(SS),#11pに1個の転移を認めN1であった(胃癌取扱い規約第14版)。術後無治療で経過観察していたが,2006年11月,CTにて肝S3に2個の転移を認め,12月肝外側区域切除施行。術後補助化学療法としてS-1(100 mg)を1年間投与した。2008年3月,CTにて肝S8に単発の肝転移再発を認め,4月肝S8部分切除術施行。その後化学療法は行わず経過観察しているが,再肝切除後4年2か月,無再発生存中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶胃癌異時性肝転移に対して2回の肝切除を施行し長期間無再発生存中の1例…幕内 梨恵ほか
このページの先頭へ