現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

集学的治療により長期生存中である若年発症の大腸癌多発肝転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10536_13
著者:
久保 秀文、西山 光郎、多田 耕輔、宮原 誠、長谷川博康
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.81MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Long-Term Survival of a Case of Juvenile Colon Cancer with Multiple Liver Metastases Successfully Treated by Multidisciplinary Therapy

Summary
 A 35-year-old woman underwent hemicolectomy and RFA for ascending colon cancer with multiple liver metastases in February, 2005. She received postoperative hepatic arterial infusion chemotherapy with 5-FU, and systemic chemotherapy with UFT for 10 months after the operation. A local recurrence of the anastomosis was detected in March, 2006, and she underwent a resection for it. This was followed by 6 courses of adjuvant chemotherapy with modified FOLFOX6. Because multipe liver metastases and lymph node metastases were detected in March, 2007, she received RFA and 6 courses of adjuvant chemotherapy with modified FOLFOX6 again. Liver metastases disappeared but lymph node metastases still remained. Therefore, she received 4 courses of bevacizumab plus modified FOLFOX6. The metastatic lesions disappeared and were judged to be CR. Therefore, she was followed-up with the oral administration of UFT. Metastases of liver and lymph nodes of the mediastinum were detected in May, 2008, for which she received 4 courses of bevacizumab plus FOLFIRI2. Because the effects of the chemotherapy were judged to be CR, she continued with 4 courses of the same regimen. The regimen was discontinued due to diarrhea, and she therefore began to receive 4 courses of bevacizumab plus LV/5-FU regimens. CR has been maintained at present, over 7 years after the initial surgery.

要旨
 症例は42歳,女性。2005年2月,35歳時に同時性多発肝転移のある上行結腸癌に対して結腸右半切除術,肝動注リザーバー挿入,ラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation: RFA)を施行した。その後5-FUの肝動注とUFT内服を10か月投与した。2006年3月に吻合部再発を認め,結腸部分切除を施行した。補助療法としてmFOLFOX6を6コース投与した後,UFT内服へ変更して以後継続した。2回目手術より1年後の2007年3月に肝転移・リンパ節再発を認め,RFA追加とmFOLFOX6を6コース追加した。肝転移は消失したがリンパ節転移の遺残を認めたため,bevacizumab+mFOLFOX6を4コース追加した。治療効果CRを得たため,その後はUFT内服へ変更した。2008年5月に肝転移再発,縦隔リンパ節再発を認め,bevacizumab+FOLFIRI2を4コース施行した。治療効果CRであったが4コース追加した。その後,irinotecanによる下痢が出現したため,bevacizumab+LV/5-FUを4コース投与した。以後の再発は認めず,現在初回手術より7年経過したが無再発で生存中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶集学的治療により長期生存中である若年発症の大腸癌多発肝転移の1例…久保 秀文ほか
このページの先頭へ