現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

XELOX+Bevacizumab療法と放射線療法により治癒切除し得た腹膜播種陽性直腸S状部癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10537_13
著者:
石田真奈子、宮澤 智徳、江部 和勇、小出 則彦、藤田 亘浩、本間 憲治、五十嵐俊彦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

A Case Report of Successful Treatment for Rectosigmoid Cancer with Peritoneal Dissemination after Neoadjuvant Chemoradiotherapy with XELOX and Bevacizumab

Summary
 A 60-year-old woman underwent emergency operation for ileus due to rectosigmoid cancer. Intraoperative cytology and peritoneal dissemination were positive. After performing sigmoid colostomy, she underwent neoadjuvant radiation therapy(40 Gy)and eight courses of a XELOX and bevacizumab regimen. FDG-PET did not indicate FDG accumulation after chemoradiotherapy, thus, we performed low anterior resection. Peritoneal dissemination and washing cytology were negative in the second operation. Neoadjuvant chemoradiotherapy with XELOX and bevacizumab were useful for down staging in patients with advanced colorectal cancer.

要旨
 症例は60歳,女性。全周性の直腸S状部癌によるイレウスで手術を施行したが,腹水細胞診および腹膜播種陽性であった。S状結腸人工肛門造設術後,放射線療法(合計40 Gy)とXELOX+bevacizumab療法を8コース施行した。放射線化学療法後のFDG-PETで異常集積は指摘されなかった。S状結腸切除術を施行したが術中所見で腹膜播種はなく,洗浄細胞診も陰性であった。XELOX+bevacizumab療法および放射線療法は,進行結腸直腸癌に対してdown stagingを可能とする有用な治療方法と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶XELOX+Bevacizumab療法と放射線療法により治癒切除し得た腹膜播種陽性直腸S状部癌の1例…石田真奈子ほか
このページの先頭へ