現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

FOLFOX4/Bevacizumab療法中にストーマ腸管潰瘍を認めた再発直腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10538_13
著者:
奥谷 浩一、水島 康博、平田 公一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of an Ulcer of the Sigmoid Colon during Chemotherapy with FOLFOX4 and Bevacizumab for Recurrence of Rectal Carcinoma

Summary
 The patient was a 73-year-old female. After curative resection for rectal cancer with uterus invasion, UFT/Leucovorin was administered orally for 16 months. Three years and six months after the initial surgery, en bloc cystourethrectomy was performed to control the bleeding caused by a local recurrence invading the bladder and ureter. Although postoperative FOLFOX4/bevacizumab therapy was started, bevacizumab was discontinued after 4 courses of treatment because an ulcer was confirmed at the sigmoid colon with stoma. The ulcer was relieved by conservative medical treatment. In this case, we attempted to make a quick response because the site of the ulcer could be easily observed. During chemotherapy. Therefore, it is necessary to carefully observe the patient's conditions.

要旨
 症例は73歳,女性。子宮浸潤を伴う直腸癌に対して手術を施行,根治手術となりUFT/Leucovorin内服療法を16か月行った。初回手術3年6か月後に膀胱,尿管浸潤を伴う局所再発を来し,出血コントロールのため膀胱尿道全摘術を行った。術後FOLFOX4/bevacizumabによる化学療法を導入したが,4コース終了後にストーマ腸管に潰瘍を認めたためbevacizumabを中止し,保存的加療にて軽快した。本例のように潰瘍発生部位が容易に観察できる部位であったため迅速な対応が可能であったが,化学療法中は患者の症状を注意深く観察することが必要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶FOLFOX4/Bevacizumab療法中にストーマ腸管潰瘍を認めた再発直腸癌の1例…奥谷 浩一ほか
このページの先頭へ