現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

Docetaxel/Nedaplatin併用放射線化学療法が奏効した再発肛門管扁平上皮癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10540_13
著者:
竹内 聖、堀 志郎、藤田 尚久、森 誠治、因藤 春秋、前場 隆志
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

A Case of Effective Chemoradiotherapy Using Docetaxel and Nedaplatin for Recurrent Anal Canal Squamous Cell Carcinoma

Summary
 69-year-old woman underwent resection of a tumor diagnosed as squamous cell carcinoma of the anal canal. After 4 years and 5 months, computed tomography(CT)showed abdominal and pelvic lymph node swelling. Chemotherapy consisting of biweekly docetaxel(35 mg/m2)+nedaplatin(35 mg/m2)achieved a partial response. After 20 cycles of chemotherapy, the patient was treated with radiotherapy because of a pelvic lymph node recurrence. Since then, no recurrence has occurred for 16 months. The adverse event was Grade 2 in leucopenia and neutropenia. This case suggested that chemoradiotherapy consisting of docetaxel+nedaplatin may be effective and safe for treating anal canal squamous cell carcinoma.

要旨
 docetaxel(DOC)/nedaplatin(CDGP)併用放射線化学療法が奏効した再発肛門管扁平上皮癌の1例を経験した。症例は69歳,女性。肛門管扁平上皮癌で腹会陰式直腸切断術を施行した。4年5か月後に腹腔内と骨盤にリンパ節再発を来し,DOC 35 mg/m2とCDGP 35 mg/m2を2週ごとに点滴で投与した。両病変ともにPRが得られたが,20サイクル終了後(10か月目)に骨盤リンパ節が増大し放射線療法(54 Gy)を施行した。16か月目の現在,再発は認めていない。有害事象はGrade 2の白血球減少と好中球減少を認めたのみであった。DOC/CDGP併用放射線化学療法は,肛門管扁平上皮癌に対する有用で安全なレジメンになる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【症例】
▶Docetaxel/Nedaplatin併用放射線化学療法が奏効した再発肛門管扁平上皮癌の1例…竹 内  聖ほか
このページの先頭へ