現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

家族性胃癌

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10550_13
著者:
椙村 春彦、山田 英孝、陶 弘、新村 和也、岩泉 守哉、嵩 眞佐子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.63MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Familial Gastric Cancer―An Update of Japanese Cases

Summary
 Since the international gastric cancer linkage consortium first proposed screening criteria for the detection of CDH1 germline mutations in hereditary diffuse gastric cancer(HDGC), the low yields of previous attempts to identify patients with HDGC in Japan, where gastric cancer is endemic and mass screenings for it have been established, have made clinicians less enthusiastic about pursuing the genetic etiology of the peculiar occurrence of gastric cancer. A report published in 2011 described a case with a typical truncated mutation of CDH1 and another with an exon 3 deletion of this gene. These findings have rekindled the curiosity of practicians and pathologists confronted with unusual gastric cancers of various types such as younger-onset, familial clustering, or the exhibition of a specific characteristic morphology. The status and history of the investigation of the genetic backgrounds of Japanese gastric cancers are reviewed, and the pathological features of the Japanese cases of HDGC are described.

要旨
 胃癌の遺伝連鎖解析国際コンソーシアムが,遺伝性びまん性胃癌(HDGC)のCDH1のスクリーニングをするための診断基準を提案して以来,胃癌の頻度が高く,また集団検診も確立されている本邦での探索は,実り多かったとはいえず,そのことが日常診療で胃癌の遺伝的要因への追求があまりなされなくなった理由なのではと思われる。2011年の,典型的なCDH1の欠損蛋白を生じるタイプの変異例とさらにCDH1のエクソン3の欠失例が本邦にも存在したという報告は,改めて,日常診療の上で若年発症,家族性発症,特異な組織像といったまれな胃癌例に遭遇する実地診療家や病理医の胃癌の遺伝的要因についての関心を呼び起こすと思われる。本邦における胃癌の遺伝的要因の歴史を概観し,本邦のHDGCの組織像を呈示する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻2号 2013年2月号トップへ

【特集】家族性腫瘍に関する新知見
▶家族性胃癌
このページの先頭へ