現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

家族性前立腺癌の臨床と基礎

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10551_13
著者:
鈴木 和浩、松井 博、大竹 伸明
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.51MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Clinical and Basic Aspects of Familial Prostate Cancer

Summary
 Hereditary and familial prostate cancers respectively account for about 5% and 20% of all prostate cancer in the United States. The most striking characteristic of familial prostate cancer is the early-onset of the disease. In the clinical setting, a family history of prostate cancer is recognized as a high risk for developing prostate cancer, and a risk-based prostate cancer screening program for it has been proposed. Genetic analyses for identifying the susceptible genes have been reported, and it appears that multiple genes are involved in the development of prostate cancer. Recently, genome-wide association studies showed that the single nucleotide polymorphisms located at the 8q24 region had an association with prostate cancer development. Familial prostate cancer, although its incident rate is relatively rare, must be treated as a high-risk group. Further clinical and basic research is warranted to explore the mechanism of prostate cancer development.

要旨
 前立腺癌の一部に家族性・遺伝性前立腺癌家系が存在する。若年発症が最大の特徴であり,米国ではそれぞれ約5%および20%と報告されている。臨床的には,前立腺癌の家族歴が発症の高リスク因子として認識されており,リスクに応じたスクリーニングプログラムが提唱されている。責任遺伝子を同定することが試みられ,多数の遺伝子変化が前立腺癌発症に関係していると考えられる。近年GWASにより8q24領域の遺伝子多型が発症に関係している報告がなされ,本邦の症例でも確認した。頻度は少ないが,前立腺癌発症メカニズムの解明と高リスク群の点から,さらに基礎的・臨床的な研究が期待される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻2号 2013年2月号トップへ

【特集】家族性腫瘍に関する新知見
▶家族性前立腺癌の臨床と基礎
このページの先頭へ