現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

AFP産生胃癌についての後方的検討

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10559_13
著者:
福田 耕二、伊藤 祝栄、清水 健司、三上恵美子、櫻庭 伸悟、白木 健悠、池端 敦、村上 晶彦、小野 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.58MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Retrospective Analysis Concerning AFP-Producing Gastric Cancer

Summary
 The α-fetoprotein(AFP)-producing gastric cancer is a group of gastric cancers with poor prognosis because of its rapid growth and aggressive metastatic character. We examined AFP-producing gastric cancer in our department from 2008 to 2010. Of 12 patients studied, the median of the AFP level was 16,038(96.1-167,360)ng/mL. All patients had liver metastasis. Four patients were ECOG performance status(PS)3, and were unable to receive chemotherapy. Eight patients received chemotherapy. Two cases who received cisplatin+paclitaxel(CDDP+PTX)therapy showed partial response(PR). Median survival time was 5.6 months. Compared to AFP non-producing gastric cancer, this disease is definitely considered to have a poorer prognosis. The clinical effect and survival time seemed to have a relative correlation. PR and SD groups tend to have longer survival. Those with a decline of serum LDH levels at the first three weeks after chemotherapy have a strong tendency to be PR and SD(p=0.11). Changing the serum LDH level may enable us to estimate the clinical effect while still in the early stages of chemotherapy.

要旨
 α-fetoprotein(AFP)産生胃癌はAFP高値を示す予後不良の胃癌の一群であり,切除不能や早期の肝転移の出現により治療に難渋する場合も多い。今回われわれは,当科で経験したAFP産生胃癌について検討したので報告する。2008年7月~2010年7月の2年間に当科へ紹介された12例中,治療開始前のAFP値の中央値は16,038(96.1~167,360)ng/mLであり,12例全例に肝転移が認められた。うち4例はECOG performance status(PS)3の症例であり,化学療法導入不可能であった。8例に化学療法を施行し,シスプラチン+パクリタキセル療法(CDDP+PTX療法)を行った2例にpartial response(PR)を認めたが,生存期間中央値(MST)は5.6か月であり,一般の胃癌のMSTと比較して明らかに不良であった。最大治療効果(RECIST)と生存期間について検討を行ったところ,PR・SD群とPD群の2群間に有意差を認め,病勢コントロールのついた症例の生存期間が長い傾向が認められた。治療効果と血液データの変化について検討したところ,治療開始後3週間目の血清LDH値変化率においてPR・SD群とPD群の2群間に差のある傾向(p=0.11)が認められたため,血清LDH値の変化は早期に治療効果を推定することに役立つ可能性がある。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻2号 2013年2月号トップへ

【原著】
▶AFP産生胃癌についての後方的検討 福田 耕二ほか
このページの先頭へ