現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


セビメリン含嗽液の唾液分泌促進作用に関する研究

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10563_13
著者:
吉川千鶴子、高松 泰、緒方憲太郎、原 周司、田村 和夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.75MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Study of the Sialogogic Effect of Cevimeline Gargle

Summary
 The purpose of this study was to clarify the sialogogic effect iveness of cevimeline gargle. Sequential comparison tests were conducted on healthy adult males and females who received both cevimeline and a placebo. The effect was evaluated by measuring the amount of saliva using the Saxon test and Mucus®, and by recording the subjects' own perceptions of oral mucosal moisture reported according to 4 levels. First, ten subjects' measurements were taken before gargling, as well as 5 minutes, 90 minutes and 3 hours after gargling. For the cevimeline treatment, the amount of saliva reached the maximum level within 5 minutes after gargling, and a significant salivary secreting effect(p<0.05-p<0.001)was observed up to 90 minutes after gargling. The degree of oral moisture also reached the maximum level within 5 minutes after gargling with cevimeline, and a significant moisture effect(p<0.05-p<0.001)persisted up to 3 hours after gargling. After safety profiles were determined to be acceptable, an additional 19 subjects entered the study and the same results were observed.
 The present data, indicating that cevimeline gargle increases the saliva in healthy individuals for at least 3 hours, will be useful in clinical trials of cevimeline gargle for patients with salivary secretion disorder.

要旨
 本研究は,セビメリン含嗽液の唾液分泌効果を明らかにすることを目的とした。健康な成人男女を対象に,実験群と対照群を同一対象とした逐次比較試験を行った。評価は唾液量(サクソンテスト)と口腔水分計(ムーカス®),口腔内の潤い状態の主観的反応(4段階)で評価した。被験者10名で含嗽前,5分後,90分後,3時間後にそれぞれ測定した。唾液量は実験群で5分後に最大となり,90分後まで有意(p<0.05~p<0.001)に分泌作用を示した。口腔水分率も5分後に最大となり,3時間後まで有意(p<0.05~p<0.001)に水分保持を示した。安全性が確認されたので,被験者19名を追加し,唾液分泌量および口腔水分率を測定して唾液分泌促進の持続時間を検討した結果,3時間持続することが明らかとなった。
 セビメリン含嗽は,健常人の唾液分泌を少なくとも3時間にわたって増加させるという本研究のデータは,唾液分泌に障害のある患者に対するセビメリン含嗽の臨床試験に有用となる結果である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻2号 2013年2月号トップへ

【原著】
▶セビメリン含嗽液の唾液分泌促進作用に関する研究 吉川千鶴子ほか
このページの先頭へ