現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


広範な肝転移を有するトラスツズマブ耐性のHER2陽性乳癌に対してトラスツズマブとカペシタビンの併用療法が著効した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10565_13
著者:
重川崇、竹内英樹、三角みその、中宮紀子、杉山迪子、杉谷郁子、藤内伸子、大崎昭彦、佐伯俊昭
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.58MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Successful Treatment of Trastuzumab-Resistant HER2-Positive Breast Cancer with Extensive Liver Metastases Using the Combination of Trastuzumab and Capecitabine―A Case Report

Summary
 We report a case of a trastuzumab-resistant human epidermal growth factor receptor-2(HER2)-positive breast cancer patient with extensive liver metastases and associated impaired liver function, who showed an excellent response to the combination of trastuzumab and capecitabine. The patient was a 59-year-old postmenopausal woman with multiple liver metastases at first examination. She first received anthracycline-based chemotherapy, and after progression was followed up with a combination of trastuzumab and paclitaxel. Despite an initial response to this treatment, liver metastases rapidly progressed. Although palliative treatment was considered because of her impaired liver function, she received capecitabine while continuing trastuzumab. This combination therapy showed an excellent response, and a good quality of life(QOL)was maintained for a long time without any severe adverse events. The continuation of trastuzumab is considered effective after having progressed by trastuzumab including pretreatment, and we consider it worth while to give a combination of trastuzumab and capecitabine to patients with extensive liver metastases and associated impaired liver function, because of the treatment's synergistic effect and low risk of causing severe adverse events.

要旨
 今回われわれは,広範な肝転移に伴う肝機能障害を有するトラスツズマブ耐性HER2陽性乳癌に対して,トラスツズマブとカペシタビンの併用療法が著効した1例を経験したので報告する。症例は59歳の閉経後の女性で,初診時に多発肝転移を有していた。初回治療としてアンスラサイクリンベースの化学療法が施行され,病勢進行後,トラスツズマブとパクリタキセルの併用療法が行われた。本治療は当初効果を認めたが,その後多発肝転移は急速に進行した。高ビリルビン血症など肝機能障害も出現したため緩和治療も考慮されたが,次治療としてトラスツズマブの継続ならびにカペシタビンの併用が行われた。本併用療法は著効し,重篤な有害事象もなく良好なQOLが長期間維持された。以上より,トラスツズマブを含む化学療法で病勢進行後した後もトラスツズマブの継続は有用で,また,トラスツズマブとカペシタビンの併用療法は重篤な有害事象のリスクも低く相乗効果を有しており,広範な肝転移に伴う肝機能障害を有するHER2陽性乳癌に対しても行うに値する治療法と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻2号 2013年2月号トップへ

【症例】
▶広範な肝転移を有するトラスツズマブ耐性のHER2陽性乳癌に対してトラスツズマブとカペシタビンの併用療法が著効した1例 重川 崇ほか
このページの先頭へ