現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


直腸癌多発性肝転移に対し末梢神経障害の増悪なく長期にわたりFOLFOXでCRを得た1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10572_13
著者:
中江史朗、溝尻岳、藤川正隆、石田潤、山本将士、原田直樹、土師誠二、豊田昌夫、仙崎英人
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.61MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case with Multiple Liver Metastases from Rectal Cancer Responding Completely to FOLFOX for a Long Duration without Exacerbation of Peripheral Neuropathy

Summary
 A 61-year-old man had undergone five courses of modified FOLFOX6(mFOLFOX6)chemotherapy with calcium-magnesium(Ca/Mg)infusion for a rectal cancer with multiple liver metastases from October 2008. After this treatment, the primary rectal tumor and metastatic tumors were considered as a partial response(PR), and lower anterior resection was carried out in February 2009. After the operation, mFOLFOX6 chemotherapy with bevacizumab was started in March 2009. After 15 courses of chemotherapy, the patient received 7.5 g of gosha-jinki-gan(TJ-107)daily from August 2009, and the drug compliance was 69%. From the 18th course of chemotherapy in October 2009, glutathione(GSH)was given at a dose of 200 mg before each oxaliplatin administration. From the 35th course of chemotherapy in November 2010, the patient received 1.5 g of powdered processed aconite root(TJ-3027)daily. TJ-3027 administration was escalated to 4.5 g daily, and drug compliance was 73%. Grade 4 neutropenia was observed in December 2010, and we reduced oxaliplatin to 65 mg/m2 from the 37th course. Fifty chemotherapy courses were administered until October 2011. The patient received a total 3,970 mg/m2 of oxaliplatin, however, the neurotoxicity level of the patient remained at grade 2. Ca/Mg infusion and TJ-107 administration have been reported not to reduce the activity of FOLFOX individually, and severe side effects are rare. So one must consider the combination treatment of Ca/Mg and TJ-107 for prevention of oxaliplatin-related neurotoxicity.

要旨
 症例は61歳,男性。2008年10月より多発性肝転移を伴う直腸癌に対して,カルシウム/マグネシウム(Ca/Mg)療法併用でmodified FOLFOX6(mFOLFOX6)療法を5コース施行した。肝転移巣と原発巣ともにPRを得,2009年2月原発巣を切除した。術後,bevacizumab併用にてmFOLFOX6を再開した。15コース施行後の2009年8月より牛車腎気丸7.5 g/日を併用し,服薬コンプライアンスは69%である。18コースの2009年10月よりglutathione 200 mgを前投薬に追加している。35コースの2010年11月よりブシ末1.5 g/日を追加し,漸増して現在4.5 g/日で継続中であり,服薬コンプライアンスは73%である。Grade 4の好中球減少が2010年12月にみられ,37コースよりoxaliplatinを65 mg/m2に減量した。2011年10月まで計50コースを施行し,oxaliplatin総投与量は3,970 mg/m2に達したが,末梢神経障害はGrade 2に止まっている。Ca/Mg療法と牛車腎気丸の併用は,各々単独ではFOLFOXの奏効を減弱しないことが示され,副作用が少なく,oxaliplatinによる末梢神経障害の予防対策として考慮してよいと思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻2号 2013年2月号トップへ

【症例】
▶直腸癌多発性肝転移に対し末梢神経障害の増悪なく長期にわたりFOLFOXでCRを得た1例 中江 史朗ほか
このページの先頭へ