現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


新しい超音波造影剤を用いた分子診断治療

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10582_13
著者:
光冨 徹哉
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Molecular Diagnosis and Treatment Using a New Ultrasound Contrast Agent

Summary
 Ultrasound is often used for non-invasive diagnostic use in a clinical setting. Therapeutic ultrasound, on the other hand, has mainly been applied for its thermal or mechanical effects. Medical applications of high-energy ultrasound to ablate cancers are now under investigation(high intensity focused ultrasound: HIFU). Recently, there have been reports on the application of non-thermal ultrasound energy for treating various diseases in combination with drugs. Furthermore, the introduction of microbubbles, molecular targeted echo contrast agents, and carriers/enhancers of drugs has added a whole new dimension to diagnosis and therapy. Ultrasound irradiation of tissues and cells is effective for enhancing drug targeting, lowering systemic drug toxicity, and improving drug absorption rates. Efficient delivery of a drug into target cells or tissues for therapeutic purposes had always been a big challenge requiring multidisciplinary effort by experts in different scientific fields. Current advances in molecular imaging and therapy will also be discussed.

要旨
 近年,超音波造影剤を活用した新しい,がん分子イメージング法が注目されている。将来的には分子標的機能をもつ超音波造影剤を使い,安価で,ベッドサイドで手軽に使える可能性がある。リアルタイムに超音波画像情報を入手できることから,がんなど病変部位の組織学的変化を追跡できる。近年,超音波診断装置の性能が向上し,超音波造影剤と超音波照射条件を最適化することで音響反射信号の検出感度が高められ,画像解像度も非常によくなってきた。次世代の超音波造影剤を利用すれば,がん,動脈硬化,血管新生など,分子レベルでの診断が容易になり,がんの早期発見にもつながると予想される。また,超音波造影剤は薬物のキャリアーとしてのdrug delivery system(DDS)の機能ももたせられることから,診断のみならず薬物治療の一手段としても期待できる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【特集】がんにおける画像診断の進歩
▶新しい超音波造影剤を用いた分子診断治療 立花 克郎
このページの先頭へ