現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


新規蛍光プローブによるIn Vivo微小がん検出の実現

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10584_13
著者:
浦野 泰照
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.50MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

In Vivo Cancer Detection with a Newly Designed Fluorescent Probe

Summary
 Fluorescence imaging is one of the most powerful techniques currently available for continuous observation of dynamic intracellular processes in living cells. Suitable fluorescence probes are naturally of critical importance for fluorescence imaging, and we have succeeded to construct several versatile rational design strategies for novel fluorescence probes based on the concept of photoinduced electron transfer and intramolecular spirocyclization.
 Very recently, we have succeeded to develop various novel protease probes which were applicable for living cell system. For example, gGlu-HMRG, a novel spirocyclized rhodamine-based fluorescence probe for γ-glutamyltranspeptidase(GGT), which is well-known to be upregulated in various cancer cells, was successfully developed. By applying gGlu-HMRG to various cancerous cell lines whose GGT activity is upregulated, fast enzymatic reaction of gGlu-HMRG with GGT occurs on the plasma membrane to yield highly fluorescent product HMRG, which led us to establish a novel and highly activatable strategy for sensitive and fast-responding fluorescence imaging of tiny tumors in vivo. In mouse models of disseminated human peritoneal ovarian cancer, activation of gGlu-HMRG occurred within 1 min of topically spraying onto tissue surfaces that are suspected of harboring tumors, creating high signal contrast between the tumor and the background. We believe gGlu-HMRG probe could aid surgeons in detecting tiny cancerous nodules for accurate biopsy and tumor resection, delineating the borders of tumors for complete removal and confirming no residual tumor.

要旨 筆者らが最近確立することに成功した,光誘起電子移動を原理とする蛍光プローブの設計法から,その活用による種々の蛍光プローブの開発事例をまず概説する。さらにごく最近開発することに成功した,γ-グルタミルトランスペプチダーゼ活性検出蛍光プローブの局所散布による,1 mm以下のin vivo微小がん部位イメージング技法を紹介する。筆者らの考える“activatable”蛍光プローブという新たな化学的アプローチによる,新たながん医療の可能性を感じていただければ幸いである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【特集】がんにおける画像診断の進歩
▶新規蛍光プローブによるIn Vivo微小がん検出の実現 浦野 泰照
このページの先頭へ