現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


4型胃癌に対する術後補助化学療法S-1/CDDP療法の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10589_13
著者:
浅海吉傑 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Effectiveness of Postoperative Adjuvant Chemotherapy Using S-1 plus CDDP for Type 4 Gastric Cancer

Summary
 Background: Our aim was to evaluate postoperative adjuvant chemotherapy using S-1 plus cisplatin(S-1/CDDP)for type 4 gastric cancer. Methods: We investigated 18 patients who had undergone curative operations for type 4 gastric cancer. They were classified into two groups of patients, one using S-1/CDDP(group A: 9)and one using S-1 alone(group B: 9), after surgery between 2000 and 2010. Median survival time(MST)and survival rates were reported retrospectively. Patients assigned to group A were treated with the following regimen: S-1, 80-120 mg/day(body surface area 1.25 m2>: 80 mg/day, 1.25-1.5 m2: 100 mg/day, 1.5 m2<: 120 mg), was administered for 21 consecutive days followed by a 14-day rest period, and CDDP, 60 mg/m2, was administered on day 8 for 5 courses. After this course, S-1 80 mg/m2 was given for 18 months. S-1(80-120 mg/day, body surface area 1.25 m2>: 80 mg/day, 1.25-1.5 m2: 100 mg/day, 1.5 m2<: 120 mg)was administered for 28 days followed by 14-day rest as one course. Results: MST differed significantly between group A and group B(MST; group A: 1,603 vs group B: 955 days). The overall survival rate at 5 years was 64.8% in group A and 13% in group B, and the overall survival rate in group A was statistically better than that in group B(p=0.02). Conclusion: Postoperative adjuvant chemotherapy using S-1/CDDP for resected type 4 gastric cancer contributes to prolonged life, compared with using S-1 in overall survival.

要旨
 当院での4型胃癌に対する術後補助化学療法S-1/CDDP療法を後ろ向きに検討した。2000年1月~2010年12月までに外科的切除を行った胃癌のうち,病理組織学的に4型胃癌と診断され術後補助化学療法S-1/CDDP療法(A群)を行った9例と,同期間にS-1単剤療法(B群)を行った9例をその治療効果について比較検討を行った。S-1/CDDP療法(S-1 80~120 mg/dayを3週間投与2週間休薬,day 8にCDDP 60 mg/m2投与)は,5コース施行後にS-1単剤(S-1 80~120 mg/dayを4週間投与2週間休薬)を1年半内服した。S-1単剤療法は,前述と同様のスケジュールで2年間継続した。患者背景では,A群はB群に比較し有意に若年であった。A群はB群に比較し統計学的に有意差を認め(p=0.02),全生存率は良好であった。4型胃癌に対する術後補助化学療法S-1/CDDP療法は,S-1単剤と比較し有望な治療法である可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【原著】
▶4型胃癌に対する術後補助化学療法S-1/CDDP療法の検討 浅海 吉傑ほか
このページの先頭へ