現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


結腸癌術後補助化学療法におけるCapecitabine投与の忍容性について

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10590_13
著者:
松田宙、玉川浩司、西川和宏、出口貴司、川田純司、岩瀬和裕、高木麻里、福井亜希子、根津理一郎、田中康博
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.00MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Study of Tolerability of Capecitabine in Postoperative Adjuvant Chemotherapy in Colon Cancer

Summary
 Objective: Based on the results of the X-ACT study, capecitabine has become one of the standard postoperative adjuvant chemotherapies for colon cancer. However, few studies of tolerability have been conducted in Japan. Method: In this study, we retrospectively examined treatment continuation, and the adverse events that occurred during eight courses of postoperative adjuvant chemotherapy with capecitabine, in 34 patients with colon cancer who had undergone curative resection. Result: The completion rate for eight courses of treatment with capecitabine was 79.4%(27 of 34 subjects), the median relative dose intensity was 94.4%(13% to 106%), and the proportion of subjects with relative dose intensity ≤ 60% was 82.4%(28 of 34 subjects). The following Grade 3 or higher adverse events were reported: hand-foot syndrome, in 11.8%(4 of 34 subjects); mucositis oral, in 2.9%(1 of 34 subjects); diarrhea, in 2.9%(1 of 34 subjects); and glans penis ulcer, in 2.9%(1 of 34 subjects). Conclusion: In our hospital, a high rate of capecitabine treatment continuation comparable to that reported in the X-ACT study was obtained, suggesting that capecitabine adjuvant chemotherapy would be well tolerated in clinical practice as well.

要旨
 目的: capecitabineはX-ACT試験の結果から結腸癌術後補助化学療法の標準治療の一つとなったが,本邦では忍容性についての報告はほとんどない。今回,治癒切除が行われた結腸癌34例を対象として,capecitabineによる術後補助化学療法8コースの治療継続性や有害事象について後方視的に検討した。結果: capecitabineの8コース完遂率79.4%(27/34例),相対用量強度中央値94.4(13~106)%,相対用量強度60%以上の割合82.4%(28/34例)であり,Grade 3以上の有害事象は手足症候群11.8%(4/34例),口腔粘膜炎2.9%(1/34例),下痢2.9%(1/34例),亀頭部潰瘍2.9%(1/34例)であった。結語: 当院におけるcapecitabineはX-ACT試験と同等の高い治療継続性が得られており,日常診療においても忍容性が高いと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【原著】
▶結腸癌術後補助化学療法におけるCapecitabine投与の忍容性について 松田 宙ほか
このページの先頭へ