現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


上腕中心静脈ポートの長期成績と合併症

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10591_13
著者:
井出 義人、三上 恒治、村田 幸平
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
0.98MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Long-Term Outcomes and Complications of Upper Arm Central Venous Access Ports

Summary
 Background: Central venous access port(CV port)is used for long-term treatment of patients with advanced colorectal cancer. To confirm a standard procedure of CV port implant, we analyzed long-term outcomes and complications of upper arm CV ports. Methods: Ninety patients implanted with CV ports in the upper arm between November 2006 and November 2009 were studied retrospectively. Results: There were no complications from the implanting procedure. Twenty patients(22.2%)had complications, including infection(n=10), occlusion(n=7), thrombosis(n=4)and persistent pain(n=1)(there is some overlapping). Eighteen patients(20%)received surgery for removal of the ports. The median follow-up period was 160 days(range, 30-1,167days). Univariate and multivariate analysis indicated that patients with a catheter tip above the tracheal bifurcation had a significantly higher risk for complications than patients with a tip below bifurcation. Conclusion: Upper arm CV ports were implanted safely. For long-term use, it is important to place the catheter tip below the tracheal bifurcation.

要旨
 目的: 進行再発大腸癌に対する化学療法では,中心静脈ポート(CVポート)を長期に使用することが多い。本研究は上腕CVポートの長期成績と留置後の合併症について検討し,より安全で長期使用に耐える留置手技を確立することを目的とした。方法: 上腕よりCVポートを留置した90例を対象としてretrospectiveに検討を行った。結果: 留置時の合併症はなかったが,長期使用中の合併症を20例(22.2%)に認めた。内訳は感染10例,閉塞7例,血栓4例,疼痛1例(重複あり)。観察期間の中央値は160(30~1,167)日であった。合併症に関連する因子を解析すると,カテーテル先端が気管分岐部より頭側にある群が,尾側にある群に比べ有意に合併症発生率が高かった。結論: 上腕CVポートは安全に留置可能であるが,カテーテル先端を気管分岐部よりも尾側にすることで合併症を減少させることができる可能性がある。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【原著】
▶上腕中心静脈ポートの長期成績と合併症 井出 義人ほか
このページの先頭へ