現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


抗がん剤の剤型変更(液剤化)による有用性の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10592_13
著者:
中村 久美、鬼窪 利英、高木 洋明、篠原 章能、白澤 吉哲
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Evaluation of Usability of an Anticancer Drug after Changing it to Liquid Formulation

Summary
 Although the advantages of a liquid formulation over a lyophilized one have been mentioned, few studies have quantified the differences between the two. For the purpose of clarifying the advantages of a liquid formulation, we carried out a comparison of ELPLAT® I. V. INFUSION SOLUTION, which is a liquid formulation of oxaliplatin, and ELPLAT® FOR INJECTION, which is a lyophilized formulation of oxaliplatin. Since multiple factors(such as skill in drug preparation and the dosage)as well as the formulation influenced the preparation time, each factor was assessed by a Latin square design. The mean preparation time was 62.39 seconds for the liquid formulation and 171.22 seconds for the lyophilized formulation, and a decrease of approximately two minutes(p<0.0001)was observed with the liquid formulation. Furthermore, after linear regression analysis of multiple factors, shortening of the preparation time was found to be related to the liquid formulation. The preparation time was significantly shortened according to the level of skill in drug preparation with the liquid formulation, but not the lyophilized formulation. This was because the total preparation time was relatively long for the lyophilized formulation. Superior usability of liquid formulation was shown by our quantification of the advantages of liquid oxaliplatin.

要旨 凍結乾燥製剤の液剤化の利点は様々いわれているが,その利点を定量化した報告は少ない。今回われわれは,液剤化による薬剤調製上の利点を定量化する目的で,オキサリプラチンの凍結乾燥製剤である「エルプラット®注射用」と液剤である「エルプラット®点滴静注液」の調製時間を比較検討する実験を実施した。調製時間には剤型だけでなく調製用量や調製者の熟練度など複数の要因が影響しているため,各々の要因をラテン方格で割り付け検討した。その結果,液剤の平均調製時間は62.39秒と,凍結乾燥製剤の171.22秒と比べて約2分の短縮(p<0.0001)が認められた。さらに各々の要因を線形モデル化し検討した結果,複数の要因を考慮しても液剤は調製時間の短縮に寄与していることが確認できた。また,液剤では調製者の熟練度が上がることにより調製時間が有意に短縮されたが,凍結乾燥製剤では全体の調製時間が長いため有意差を認めず,液剤において熟練度がよく反映される結果であった。以上より,オキサリプラチンの液剤化の利点の定量化をとおして,凍結乾燥製剤の液剤化の有用性が示された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【原著】
▶抗がん剤の剤型変更(液剤化)による有用性の検討 中村 久美ほか
このページの先頭へ