現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


東日本大震災後のがん薬物療法における地域連携の試み

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10593_13
著者:
秋山聖子 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.89MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Multicenter Trial of Regional Medical Cooperation for Cancer Chemotherapy after the Great East Japan Earthquake

Summary
 The Great East Japan Earthquake was the first disaster we experienced after the administration of oncology care had mostly shifted from hospitals to outpatient departments in Japan. Disaster medical assistance teams(DMATs)were deployed immediately after the disaster, and actively assisted during the acute phase of the catastrophe. After experiencing the earthquake, we realized the necessity of medical support teams, even for chronic disease. Here we report a multicenter trial of regional medical cooperation for cancer chemotherapy. First, soon after the earthquake, representatives from the regional hospitals discussed the proper roles for each institution. As agreed to in the discussion, cancer patients were redistributed from a disaster base hospital to a local general hospital, and oncologists supported the other regional hospitals on a regular basis. This broad regional network functioned well and patients resumed their treatment as soon as the situation allowed. Second, we performed a survey of the patients and found that the most important problem was patients' lack of understanding of their own illnesses. Third, we conducted an opinion survey of medical professionals on regional medical cooperation. Based on the trial, we found it important in disasters to establish regional cooperation and solid communication systems, and to promote patient education.

要旨
 2011年3月に起こった東日本大震災は,わが国でがん薬物療法の主たる実施場所が外来となってから初めて経験する大災害となった。大災害を経験した宮城県の医療機関で共同し,災害後の患者動向調査,患者アンケート調査,医療スタッフへのアンケート調査を行った結果を示す。これらの研究結果から,今後大災害発生時にがん薬物療法にかかわる医療者が「災害時多職種オンコロジーチーム」を結成し,がん患者の支援を行う必要性,災害に備えた平常時からの地域医療連携ネットワークの構築,災害に強い複数の連絡方法の確立,そして患者を化学療法チームの一員と考えた患者教育の必要性を提案する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【原著】
▶東日本大震災後のがん薬物療法における地域連携の試み 秋山 聖子ほか
このページの先頭へ