現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


外来がん化学療法室でのチーム医療における薬剤師の役割: 診察前患者面談の有用性評価

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10594_13
著者:
吉見千明 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.61MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Evaluation of the Efforts of Pharmaceutical Care Services before Medical Examination at an Outpatient Cancer Chemotherapy Clinic

Summary
 In the outpatient cancer chemotherapy clinic of Gifu University Hospital, pharmacists contributed to the provision of safe and efficacious cancer chemotherapy as full-time staff, together with doctors, nurses and other medical staff. Since April 2010, three pharmacists have been in charge of the provision of pharmaceutical care services(PCS)to all patients. Furthermore, pharmaceutical intervention before medical examination(pre-PCS)was initiated in May 2011. As a consequence, the time spent for patient education and monitoring significantly(p<0.001)increased from 39.7±3.2 min/patient in 2010 to 48.0±2.6 min/patient in 2011. The number of proposals on prescriptions also significantly increased, 2.5 times, compared to 2010. The percentage of the acceptance of proposals was 94% in fiscal year 2011. Importantly, pre-PCS improved the control of chemotherapy-induced nausea and vomiting, peripheral neuropathy and skin rash. These results suggest that pre-PCS by pharmacists would be beneficial to progress the quality of outpatient cancer chemotherapy.

要旨
 岐阜大学医学部附属病院では,2008年4月から外来がん化学療法室に薬剤師2名を専任配置し,安全かつ有効ながん化学療法を提供すべく,医師および看護師と連携して業務を行っている。2010年4月から薬剤師3名体制とし,全患者への服薬指導を開始している。さらに2011年5月からは,医師の診察までの待ち時間を利用した「診察前患者面談」(以下,診察前面談)を開始した。その結果,患者1人当たりの指導時間は39.7±3.2分から48.0±2.6分と有意に増加,処方提案件数も開始前1年間と比較して大幅に増加した。提案採択率も94%と高く,抗がん剤の副作用である悪心・嘔吐や末梢神経障害の改善,座瘡様皮疹の出現抑制など様々な有害事象の軽減や予防に寄与していることが明らかになった。以上の結果より,薬剤師による診察前面談は外来がん化学療法の推進に有用であることが示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【薬事】
▶外来がん化学療法室でのチーム医療における薬剤師の役割: 診察前患者面談の有用性評価 吉見 千明ほか
このページの先頭へ