現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Carboplatin併用化学療法時における悪心・嘔吐の発現に関する実態調査

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10595_13
著者:
百瀬 華子、井出 貴之、立石 一成、小泉 知展
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Incidence of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting in Patients Receiving Carboplatin-Including Chemotherapy

Summary
 The present study was designed to evaluate the incidence of chemotherapy-induced nausea and vomiting(CINV)in patients receiving carboplatin. Chemo-naïve patients with thoracic and gynecological malignancy, who were intended to be given carboplatin-including chemotherapy without aprepitant as antiemesis, were enrolled. CINV was assessed using a visual analog scale for a week after the final chemotherapy. Thirty-one patients were evaluated, and 6.5% and 48.4% of them developed vomiting and nausea after chemotherapy, respectively. Nausea in the delayed phase tended to be increased compared with that in the acute phase. The higher incidence of CINV was significantly correlated with younger ages(odds ratio=0.355, 95%CI: 0.132-0.951, p=0.039). Our results indicate that further intensive antiemetic prophylaxis, such as using aprepitant or palonosetron, should be considered in patients receiving carboplatin.

要旨
 初期化学療法としてcarboplatinを含む中等度催吐性リスク化学療法が予定された患者で,aprepitant未使用時におけるchemotherapy-induced nausea and vomiting(CINV)発症頻度の実態調査を行った。化学療法施行から1週間,患者からのMultinational Association of Supportive Care in Cancer(MASCC)制吐に関する質問票antiemesis tool(MAT)によりCINVの状況を評価した。悪心は48.4%の患者に認め,carboplatin週分割投与に比し一括投与で有意に高かった(63.6% vs 11.1%,p=0.016)。また,CINVの発症頻度は若年者であるほど有意に高値であった(odds比: 0.355,95%CI: 0.132-0.951,p=0.039)。この結果より,carboplatin併用化学療法,特に一括投与時ではaprepitantやpalonosetron使用も含めた予防的CINV対策を考慮するべきと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【調査】
▶Carboplatin併用化学療法時における悪心・嘔吐の発現に関する実態調査 百瀬 華子ほか
このページの先頭へ