現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


アナストロゾールが有用であったER陽性乳癌局所再発の3例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10596_13
著者:
稲荷 均、橋本 昌憲、上杉 佳世、後藤 直樹、羽鳥 慎祐、田辺 浩悌、岩崎 博幸
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Three Patients with Local Recurrence of ER-Positive Breast Cancer for Whom Anastrozole Was Clinically Effective

Summary
 We treated three postmenopausal female patients with unresectable local recurrence from breast cancer. All pathological diagnoses of the local recurrence lesions were ER-positive breast cancer. For treatment, we administered anastrozole to these three patients. One has been stable disease for 25 months after taking anastrozole. Another has also showed stable disease for 18 months, and the last patient has been a partial response. We performed a biopsy from a recurring lesion on these three patients, and made a diagnosis of ER-positive breast cancer. This strategy of unresectable local recurrence revealed that these three patients could have had a stable condition for a long duration by taking anastrozole.

要旨
 乳癌術後に局所再発した切除不可能な閉経後の3例を経験した。いずれの症例も局所再発巣を生検し,ER陽性の乳癌局所再発と診断した。この3例ともアナストロゾールを投与し,1例目は安定期間25か月のstable disease(SD),2例目は安定期間18か月のSD,3例目はpartial responseであった。いずれの症例も,再発巣を生検することでER陽性の局所再発と診断したのでアナストロゾールの治療効果が高く,長期にわたり病勢が安定していたものと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶アナストロゾールが有用であったER陽性乳癌局所再発の3例 稲荷 均ほか
このページの先頭へ