現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行腎癌に対するmTOR阻害剤療法が奏効した男性乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10597_13
著者:
片山 和久、山岸 純子、柏木 文蔵
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Male Breast Cancer for Which mTOR Inhibitor Was Effective with Advanced Renal Cancer

Summary
 A 43-year-old man complained of back hip pain and of a 2 cm palpable mass of the left breast. The results from a careful examination were left breast cancer, a left renal cancer, and metastases to lung, bone and pleura. As a result of discussion with a urologist, the left breast cancer was followed-up, and the left advanced renal cancer cT4N0M1-stage Ⅳ received chemotherapy by sunitinib. In sunitinib therapy, we recognized some adverse events of Grade 3. The left renal cancer became a progressive-disease. Therefore, we changed chemotherapy to an mTOR inhibitor, temsirolimus. The left renal cancer was long SD-PD by treatment of temsirolimus, and the left male breast cancer was improved. Sunitinib is a tyrosine kinase inhibitor for multi-targets including VEGFR, PDGFR, c-kit et. There are some reports about breast cancer, but there are no results yet superior to those obtained by conventional therapy. On the other hand, a mTOR inhibitor, temsirolimus, was reported to have a synergy effect with hormone therapy for breast cancer. Concerning everolimus, which is one of the mTOR inhibitors, it was reported that results from the SERM+everolimus combination group were superior to those from the SERM alone group for postmenopausal metastatic breast cancer patients in clinical trial(TAMRAD trial). Good results are also being reported now from BOLERO-2(exemestane+/-everolimus), which is undergoing clinical trials. Therefore, everolimus is promising as a therapeutic drug for ER-positive breast cancer.

要旨
 症例は43歳,男性。主訴は背腰部痛と左乳頭のしこり。精査の結果は左乳癌および左腎癌,腎癌肺骨胸膜転移。検討の結果,左乳癌は経過観察とし,腎癌はcT4N0M1-stage Ⅳにより癌化学療法sunitinibを開始した。途中,Grade 3の有害事象の出現を認めた。腎癌がPDとなりtemsirolimusに変更した。この腎癌治療経過のなかで乳癌は腫瘍径の縮小を認めた。sunitinibは血管内皮成長因子などの複数の標的を阻害するチロシンキナーゼ阻害剤である。乳癌についていくつかの報告があるが,未だ従来治療を上回る報告はない。一方mTOR阻害剤であるtemsirolimusは,ホルモン療法の相乗効果が報告されている。またeverolimusでは閉経後転移性乳癌患者を対象としたSERM単独群対SERM+everolimus併用群の比較試験で,clinical benefit,median TTPで併用群が優れており(TAMRAD trial),現在進行中の臨床試験BOLERO-2(exemestane+/-everolimus)でもよい結果が報告されている。everolimusはホルモン感受性乳癌の治療薬として有望である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶進行腎癌に対するmTOR阻害剤療法が奏効した男性乳癌の1例 片山 和久ほか
このページの先頭へ