現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


放射線療法とシスプラチン+ペメトレキセート併用療法が奏効した晩期再発乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10598_13
著者:
秋本 悦志、大原 正裕、野間 翠、上綱 雅一、西阪 隆、板本 敏行
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.21MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Late Recurrent Breast Cancer That Responded to Radiation Therapy and Cisplatin plus Pemetrexed Therapy

Summary
 The patient was a 62-year-old woman who had undergone modified radical mastectomy for right breast cancer 19 years before. She was examined at our hospital for cough and hoarseness. After PET-CT and bronchoscopy, she was diagnosed with stageⅢB non-small cell lung cancer. Radiation therapy and cisplatin plus pemetrexed therapy were effective, and she made a recovery from a life-threatening conditon. During observation, a skin nodule was noticed on her right chest wall, and excisional biopsy revealed a skin metastasis from breast cancer. A transbronchial lung biopsy(TBLB)specimen was reexamined, and the lung lesion was shown to be metastasis from breast cancer. By changing to endocrine therapy, the disease has been effectively controlled.

要旨
 症例は62歳,女性。右乳癌術後19年経過し,咳嗽,嗄声の出現があり当院を受診した。PET-CTと気管支鏡検査を施行し,右非小細胞肺癌StageⅢBと診断した。放射線療法とシスプラチン+ペメトレキセート併用療法が奏効し,生命を脅かす状態から改善した。経過観察中に右前胸部に皮膚結節を認め,切除生検を行い乳癌の皮膚転移と診断した。再度経気管支肺生検(transbronchial lung biopsy: TBLB)の検体を検討した結果,一連の病変は乳癌の転移と診断した。引き続き内分泌療法を行い,再燃なく奏効している。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶放射線療法とシスプラチン+ペメトレキセート併用療法が奏効した晩期再発乳癌の1例 秋本 悦志ほか
このページの先頭へ