現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


食道癌術前FP療法中に低Na血症による可逆性白質脳症を発症した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10600_13
著者:
小林 美恵、野崎 功雄、羽藤 慎二、小畠 誉也、大田 耕司、久保 義郎、棚田 稔、栗田 啓
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Reversible Encephalopathy Syndrome Caused by Hyponatremia During Neoadjuvant 5-FU+CDDP Therapy for Esophageal Cancer

Summary
 We present a case of reversible encephalopathy syndrome caused by hyponatremia during neoadjuvant chemotherapy with 5-FU+CDDP for esophageal cancer. A 52-year-old woman visited another hospital with the complaint of discomfort during swallowing. Upper gastrointestinal endoscopy revealed an ulcerated lesion in the lower thoracic esophagus, which was pathologically diagnosed as squamous cell carcinoma. She was admitted to our institution, and the diagnosis of esophageal cancer Mt-Lt, type 2, cT2N1M0, stage Ⅱ was made. We obtained informed consent for her treatment with both CRT and surgery, and she selected surgery. Therefore, she was administered neoadjuvant chemotherapy with 5-FU+CDDP therapy. On day 4, abnormalities of the central nerve, such as unconsciousness, difficulty in speaking, and muscle cramps were, observed. After the examinations she was diagnosed with encephalopathy. It should be noted that hyponatremia induced by renal sodium wasting syndrome(RSWS)was considerd to be the cause, and we report our case with the literature cited.

要旨 症例は52歳,女性。食事のつかえ感を自覚し,近医を受診した。上部消化管内視鏡検査で胸部中部食道に潰瘍性病変を指摘され,扁平上皮癌と診断された。当科紹介受診し,食道癌Mt-Lt,type 2,cT2N1M0,stage Ⅱと診断した。治療に関して手術を希望され,術前化学療法としてFP療法を開始したところ,day 4に意識不明,発語困難,両四肢筋肉痙攣などの中枢神経の異常症状を認め,精査の結果,白質脳症と診断した。原因として,renal sodium wasting syndromeによる低Na血症が考えられたので若干の文献的考察を加え報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶食道癌術前FP療法中に低Na血症による可逆性白質脳症を発症した1例 小林 美恵ほか
このページの先頭へ