現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


皮下埋め込み型中心静脈ポート関連の敗血症性肺塞栓症と考えられた1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10602_13
著者:
岡田秀明、平良高一、徳永伸也、駄賀晴子、津田学、宮本奈津子、西島正剛、住谷充弘、少路誠一、武田晃司
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Septic Pulmonary Embolism-Related Implanted Central Venous Port

Summary
 We report a case of a 32-year-old woman with a septic pulmonary embolism-related implanted central venous port. She was treated with S-1/cisplatin(CDDP)chemotherapy for recurrent gastric cancer. Her disease was progressive after five courses of S-1/CDDP combination therapy. Because of peritonitis carcinomatosa, her oral intake was poor, so we placed an implanted central venous port in her right subclavian vein. We administered 5-FU/Leucovorin/paclitaxel combination therapy and total parenteral nutrition from the port. Chemotherapy was effective, so we stopped total parenteral nutrition after one month. Two months later, multiple nodular shadows appeared in her left lung fields without apparent symptoms. Because we suspected septic pulmonary embolism related to the venous port, we removed the venous port promptly and administered antibiotics with a broad spectrum. Pulmonary shadows disappeared immediately, and no recurrence was observed afterward.

要旨
 症例は32歳,女性。胃癌術後再発に対するS-1+シスプラチン(CDDP)療法5コース投与後に腹水が出現し増悪。癌性腹膜炎による経口摂取不良のため,右鎖骨下静脈に皮下埋め込み型中心静脈ポートを留置した。ポートから5-FU/ロイコボリン/パクリタキセルと高カロリー輸液を開始。癌性腹膜炎は改善し高カロリー輸液は1か月で終了したが,2か月後に左肺野に多発結節影が出現。中心静脈ポート関連の敗血症性肺塞栓症を疑い,直ちにポート抜去を行い,抗生剤投与で速やかに改善を認めた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶皮下埋め込み型中心静脈ポート関連の敗血症性肺塞栓症と考えられた1例 岡田 秀明ほか
このページの先頭へ