現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


長期生存を認めている小腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10603_13
著者:
澤崎翔 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Adenocarcinoma of Small Intestine Surviving for Many Years

Summary
 In adenocarcinoma of the small intestine, delays in diagnosis are frequent. The majority of patients present with advanced-stage disease, and have either lymph node involvement or distant metastatic disease. Surgical resection is a mainstay in treatment of this disease, and the effectiveness of chemotherapy for advanced-stage or metastatic disease has been reported. We report a case of adenocarcinoma of the small intestine surviving for many years after surgical resection and chemotherapy. A 47-year-old woman underwent a small intestine resection, because she had a small intestinal tumor with obstruction. Histopathological examination revealed moderately-differentiated adenocarcinoma with lymph node metastasis. Adjuvant chemotherapy with S-1 was administered for a year, but in March 2006, a recurrent lesion at the right ovary was detected, and she underwent right adnexectomy. Because the ascites cytology revealed class Ⅴ, chemotherapy was administered. In December 2008, CA19-9 elevated and magnetic resonance imaging showed a tumor behind the uterus, which was diagnosed as a recurrent disease. Because the tumor invaded the rectum, she received a low anterior resection, hysterectomy, and left adnexectomy. After surgical resection, UFT/UZEL was administered for half a year. In July 2010, computed tomography showed multiple lung metastases, and chemotherapy was performed again. However, the regimen was changed because her tumor marker elevated. She is being treated using a combination of cisplatin and irinotecan.

要旨 小腸癌は診断が困難なことから局所進行あるいは遠隔転移を伴う状態で発見されることが多く,予後は不良である。治療の基本は外科的切除であり,進行・再発小腸癌に対する化学療法の有用性も報告されている。今回,われわれは小腸癌再発に対し手術および化学療法を施行し,長期生存が得られている1例を経験したので報告する。症例は47歳,女性。2005年2月に腸閉塞を伴う小腸腫瘍に対し小腸部分切除を施行した。病理組織検査の結果,中分化型腺癌でありリンパ節転移を認めた。術後補助化学療法としてS-1を1年間内服したが,2006年3月右卵巣への再発を認め右付属器摘出術を施行した。腹水細胞診がclass Ⅴであったため,術後化学療法を施行した。2008年12月CA19-9の上昇があり,MRIで子宮背側に腫瘤を認め再発と診断。直腸浸潤もみられ2009年2月に直腸低位前方切除,子宮全摘,左付属器摘出術を施行した。術後UFT/UZELを半年間内服した。2010年7月のCTで多発肺転移を認めたため再度化学療法を施行。その後も腫瘍マーカーが上昇傾向であったためレジメンを変更した。現在biweekly CPT-11+CDDP施行中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶長期生存を認めている小腸癌の1例 澤 崎  翔ほか
このページの先頭へ