現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


カルボプラチンを含めた化学放射線療法にて長期寛解を得た臀部巨大扁平上皮癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10605_13
著者:
三河貴裕、小山隆文、五味大輔、名倉功二、松田正典、関玲子、田中厚、庄司一寅、大山優
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.21MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Locally Advanced Squamous Cell Carcinoma of the Buttocks, Which Had Complete Remission Induced by Chemoradiotherapy with Carboplatin

Summary
 The patient was a 72-year-old male who had locally advanced squamous cell carcinoma(10×7 cm)in his buttocks that developed 18 months prior to admission. The lesion was unresectable because of the size and its invasion to the sacrum. We performed concomitant chemoradiotherapy with curative intent. External beam radiotherapy(68 Gy)was given with weekly carboplatin(AUC 2)and paclitaxel(30 mg/m2). Because he developed cellulites in the irradiated skin, the concurrent chemotherapy was stopped during treatment(at 10 Gy). After improvement of the cellulites, paclitaxel was switched to S-1(80 mg/body/day)and concurrent chemoradiotherapy was completed without further toxicities.
 Progression of the tumor outside the irradiated field was seen 4 months after the treatment. Four courses of carboplatin(AUC 5)+infusional 5-FU(1,000 mg/m2 day 1-4)was administered as the tumor regressed. He died of sepsis 36 months post-treatment but the tumor remained stable without progression. Chemoradiotherapy may be an option for locally advanced non-melanoma skin cancer.

要旨
 症例は72歳,男性。初診18か月前から仙骨部の発赤とびらんが出現。その後病変はしだいに拡大し隆起していったため当院皮膚科受診。仙骨部に10×7 cmの巨大な皮膚腫瘍を認め,生検にて扁平上皮癌と診断された。手術不能と判断されたため,当科でweeklyカルボプラチン(AUC 2)+パクリタキセル(30 mg/m2)と2 Gy×24回の合計48 Gyおよび電子線2 Gy×10回合計20 Gyの総線量68 Gy併用による根治的な化学放射線療法を施行した。放射線照射10 Gy時に臀部蜂窩織炎を起こしたため,次コースからパクリタキセルをS-1 80 mg/body/dayに変更し治療を完遂した。化学放射線療法終了直後には病変の縮小を認めたが,かなりの量が残存していた。その後放射線照射部の上下に腫瘍の伸展を認めたため,4週おきのカルボプラチン(AUC 5)-5-FU(1,000 mg/m2 day 1~4)を4コース追加し終了した。以後,外来で経過観察を続けたが長期にわたり腫瘍の進展を認めなかった。初診から39か月目に菌血症で永眠された。手術不能の皮膚扁平上皮癌に化学放射線療法が有効である可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻3号 2013年3月号トップへ

【症例】
▶カルボプラチンを含めた化学放射線療法にて長期寛解を得た臀部巨大扁平上皮癌の1例 三河 貴裕ほか
このページの先頭へ