現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


国のがん対策推進基本計画

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10651_13
著者:
門田 守人
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
2.38MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

The Basic Plan to Promote Cancer Control in Japan

Summary
 Cancer has been the leading cause of death in Japan since 1981. The Japanese government implemented the Comprehensive 10-year Strategy for Cancer Control in 1984, following which the Second- and Third-term Comprehensive 10-year Strategy for Cancer Control have been implemented every 10 years to promote cancer research and disseminate high-quality cancer medical services. The Cancer Control Act was approved in June 2006, and the law has been implemented since April 2007. Based on this law, the Basic Plan to Promote Cancer Control program was discussed by the Cancer Control Promotion Council and approved by the Cabinet of Japan in June 2007. This plan was launched in June 2007, and covered 5 fiscal years from 2007 to 2011. It also provides a model for developing the Prefectural Plan to Promote Cancer Control. The Basic Plan needs to be updated at least every 5 years under the Cancer Control Act; therefore, the Phase Two Basic Plan was approved by the Japanese Cabinet in June 2012. Although the first plan was limited to medicine or medical care, the second plan was broadened to include social undertakings such as patient support in terms of job acquisition or student education for an in-depth understanding of cancer. This paper includes the history of cancer control promotion in Japan and viewpoints on the basic plan for cancer control.

要旨
 昭和56(1981)年から,がんはわが国の死亡原因の第1位となり,以降,高齢化とも相まって死亡率は上昇しつづけている。政府は1984年より「対がん10カ年総合戦略」を策定し,その後も第2次,3次対がん10か年戦略を策定し,がん対策の推進に向けて努力してきた。そして,2006年には「がん対策基本法」が成立し,2007年4月に施行された。その法律に基づき包括的がん対策を推進するため,がん対策推進協議会で第1期のがん対策推進基本計画が策定され,同年6月に閣議決定された。この国の基本計画に基づき,都道府県はそれぞれのがん対策推進基本計画を策定し,全国的にがん対策が実施されることになっている。「がん対策基本法」では,少なくとも5年ごとにがん対策推進基本計画の見直しが必要とされており,2011年度に基本計画が見直され,第2期の基本計画として2012年6月に閣議決定されたところである。その主な変更点は,これまでの基本計画は医療面が重視されていたのに対して,社会全体としてがん対策を推進することの重要性が強調されたことである。本稿では,わが国のがん対策のこれまでの経緯を紹介し,今後の課題についても私見を述べる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【特集】新しいがん対策推進計画
▶国のがん対策推進基本計画 門田 守人
このページの先頭へ