現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


第2期の宮城県がん対策推進計画の概要

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10653_13
著者:
石岡千加史
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
0.99MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Brief Description of the Revised Plan to Promote Cancer Control Programs in Miyagi

Summary
 In Japan, chief pillars of cancer control are improvement of cancer prevention, early detection of cancer and promotion of cancer research for treatment of advanced cancer. To promote cancer control in Japan, the Cancer Control Act was established in April 2007 in which a variety of goals for cancer control were clearly defined. Based on the Act, the Basic Plan to Promote Cancer Control Programs made in June 2007 and, then, the Plan to Promote Cancer Control Programs in each of the administrative division of Japan including Tokyo, Hokkaido and 45 prefectures were carried out all over Japan during 2007 to 2011. Since the first 5-year term of the Basic Plan was finished, the Basic Plan was revised in June 2012 and the revised Plans in Tokyo, Hokkaido and 45 prefectures have been published in 2013. Here, the first and revised Plan to Promote Cancer Control Programs in Miyagi was briefly described.

要旨
 現在,わが国のがん対策の柱は,がん予防,がん早期発見と進行がんの治療成績の向上である。平成19年4月にがん対策基本法が制定されてこの3本柱が明確になり,同年に策定されたがん対策推進基本計画に沿って都道府県のがん対策推進計画が示され,都道府県ごとに必要ながん対策が5年間実施された。この基本法に基づき平成24年6月に第2期のがん対策推進基本計画が新たに策定され,平成25年度からのスタートをめざして都道府県ごとにがん対策推進計画の改訂作業が行われている。ここでは宮城県の第1期のがん対策推進計画の概要とその評価,第2期がん対策推進計画(最終案)の概要について解説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【特集】新しいがん対策推進計画
▶第2期の宮城県がん対策推進計画の概要 石岡千加史
このページの先頭へ