現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


原発巣切除後の転移・再発大腸癌に対する二次治療としてのFOLFIRI+Bevacizumab療法

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10660_13
著者:
阿部 勇人、真船 健一、南村 圭亮、安部 仁、梅村 彰尚、平田 泰
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Second-Line FOLFIRI plus Bevacizumab for Patients with Metastatic Colorectal Cancer after Resection of the Primary Lesion

Summary
 The efficacy and safety of bevacizumab(BV), combined with infusional 5-fluorouracil/leucovorin(5-FU/LV)plus irinotecan(FOLFIRI)as the second-line treatment for metastatic colorectal cancer(mCRC)after resection of the primary lesion, have not been fully clarified. We examined clinical results of 35 patients on BV plus FOLFIRI at our hospital, and investigated the efficacy of BV plus FOLFIRI in mCRC patients who failed oxaliplatin-containing regimens(26 patients were treated with BV at a dose of 5 mg/kg, 3 patients with BV 10 mg/kg, and 6 patients had BV increased from 5 mg/kg to 10 mg/kg). The average frequency of BV plus FOLFIRI treatment was 13.9 times, and the average length of treatment was 10.0 months. The overall response rate was 17.1%(CR 1 patient, PR 5 patients, SD 21 patients, PD 8 patients). The median PFS was 11.0 months for FOLFIRI plus BV after first-line chemotherapy, and the median OS was 23.0 months. The adverse events were 77.1%(>Grade 3, 55.5%)and the BV-associated adverse event was grade 3 hypertension(2 patients). The FOLFIRI plus BV regimen is an active and well-tolerated second-line chemotherapy treatment for patients with mCRC after resection of the primary lesion.

要旨
 当科では原発巣切除後の転移・再発大腸癌に対する二次治療としてFOLFIRI+bevacizumab(BV)療法を標準治療としている。今回,一次治療としてFOLFOX療法を行いPDもしくは有害事象のため,二次治療のFOLFIRI+BV療法へ移行した35症例(このうち一次治療からBV併用は3例)に対し,抗腫瘍効果(4回以上施行)と有害事象についてその臨床成績を検討した。BVは26例5 mg/kg,3例10 mg/kg,6例が途中より5から10 mg/kgに増量している。FOLFIRI+BV療法の平均施行回数は13.9回,平均投与期間は10.0か月であった。抗腫瘍効果はCR 1例,PR 5例,SD 21例,PD 8例であった(奏効率17.1%,腫瘍制御率77.1%)。無増悪生存期間の中央値は11.0か月,FOLFIRI+BV療法開始後の生存期間中央値は23.0か月であった。有害事象は77.1%に出現し,Grade 3以上は55.5%であり,BVに特異的な有害事象は高血圧(Grade 3)が2例であった。原発巣切除直後の転移・再発大腸癌に対する二次治療としてのFOLFIRI+BV療法は有害事象に注意しながら慎重に投与すれば予後の延長が十分期待できると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【原著】
▶原発巣切除後の転移・再発大腸癌に対する二次治療としてのFOLFIRI+Bevacizumab療法 阿部 勇人ほか
このページの先頭へ