現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


皮下埋め込み型中心静脈ポートの合併症の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10663_13
著者:
坂本英至 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.17MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Complications after Implantation of Subcutaneous Central Venous Port

Summary
 We retrospectively reviewed 500 cases who were implanted with subcutaneous central venous port(CV port)in our institution from Jan. 2007 to Nov. 2011, to investigate the complications arising after CV port implantation. The purpose of CV port implantation was chemotherapy access in 279 cases and home parenteral nutrition in 221 cases. The primary diseases were malignancy in 441 cases(colorectal cancer 252 cases, gastric cancer 54 cases, etc.)and benign diseases in 59 cases. Seven patients(1.4%)had complications at implantation(pneumothorax 6 cases, catheter migration 1 case). Forty-three patients(8.6%)had complications after port implantation. Among them, 18 suffered port infection, 10 had obstruction of the catheter system, 4 developed skin ulceration, 4 developed port rotation, 3 had venous thrombosis, and 3 developed catheter migration. The cumulative patency rates after 1, 2, and 3 years were 90.7%, 81.2%, and 74.6%, respectively. Complications after port implantation were more frequently developed in home parenteral nutrition than in chemotherapy.

要旨
 2007年1月~2011年11月までの期間に当院で留置した皮下埋め込み型中心静脈ポート(CVポート)500例を対象として合併症の検討を行った。CVポート留置の目的は化学療法目的279例,在宅中心静脈栄養目的が221例であった。原因疾患は悪性腫瘍441例(大腸癌252例,胃癌54例など),良性疾患が59例であった。CVポート留置時の合併症は7例(1.4%)に認めた(気胸6例,カテーテル血管内迷入1例)。CVポート留置後の合併症は43例(8.6%)に認め,感染18例,閉塞10例,皮膚潰瘍4例,ポートの皮下での回転4例,静脈血栓閉塞3例,カテーテル逸脱3例などであった。1,2,3年累積使用可能率は90.7%,81.2%,74.6%であった。CVポート留置後の合併症は,化学療法目的に比べ栄養目的の症例に多かった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【原著】
▶皮下埋め込み型中心静脈ポートの合併症の検討 坂本 英至ほか
このページの先頭へ