現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


FECとAbraxaneの投与が著効した乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10666_13
著者:
芳林浩史 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.02MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Patient with Primary Breast Cancer Who Responded Remarkably Well to Neoadjuvant Chemotherapy with FEC100 Followed by Abraxane

Summary
 A 49-year-old woman visited our hospital presentind with a right breast lump. She underwent core needle biopsy, and her disease was diagnosed as breast cancer(invasive ductal carcinoma, ER slightly positive, PgR and HER2 negative). We chose neoadjuvant chemotherapy because the tumor size was over 3 cm in diameter with a histological grade Ⅲ, and she asked to have her breast conserved. Because she had an allergy to alcohol, we treated her with FEC100 followed by Abraxane(260 mg/m2)q3W for 4 courses. After chemotherapy, she received breast conserving therapy. During the treatment with Abraxane, the patient was very well and showed no major side effects except for grade 3 neutropenia was found on an outpatient basis. After chemotherapy, breast MRI detected no invasive lesion. Pathological examination showed pCR. We concluded that Abraxane was a good option as neoadjuvant chemotherapy for early breast cancer.

要旨
 症例は49歳,女性。2011年8月に右乳房腫瘤を自覚したため当科を受診した。針生検の結果,浸潤癌,ER弱陽性,PR陰性,HER2は陰性,組織学的悪性度がGrade Ⅲであった。腫瘍径が3 cm大あり,患者の乳房温存希望と組織学的悪性度が高度であったため術前化学療法を選択した。アルコールにアレルギーがあったため,FEC100療法4コースの後にAbraxane(260 mg/m2,3週毎に投与)を4コース施行後,乳房温存術を施行した。好中球減少を除いて,grade 3以上の有害事象は認めず,外来通院で安全に施行できた。術前化学療法後の乳房造影MRIで浸潤性病変は消失した。病理結果はpCRであった。早期乳癌に対する術前化学療法としてのAbraxaneは効果を十分に期待できる治療であると思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【症例】
▶FECとAbraxaneの投与が著効した乳癌の1例 芳林 浩史ほか
このページの先頭へ