現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


肝細胞癌の骨転移に対してソラフェニブ+ゾレドロン酸によりCRが得られた1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10668_13
著者:
名取 健、山口 真彦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.48MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Complete Response after Sorafenib Therapy plus Zoledronic Acid for Advanced Hepatocellular Carcinoma with Bone Metastasis―A Case Report

Summary
 Sorafenib is an oral multi-kinase inhibitor that targets tumor growth and angiogenesis signal transduction pathways. Two global phase Ⅲ trials showed that sorafenib prolonged the survival of patients with advanced hepatocellular carcinoma(HCC). Based on the positive results of these trials, Japan approved sorafenib for advanced HCC in May 2009. However, in the SHARP trial and the Asia-Pacific trials, no cases of complete response(CR)were reported. Thereafter, only a relatively small number of CR cases were reported for sorafenib therapy. We herein report the case of a 64-year-old Japanese man infected with hepatitis B virus who developed bone metastasis 9 months after resection of HCC. Sorafenib therapy plus zoledronic acid was initiated. The patient achieved a CR after 15 months of therapy, and there has been no sign of recurrence 12 months following cessation of administration. Regarding toxicity, the patient developed a grade 2 hand foot skin reaction that required a temporary 50% dose reduction of sorafenib. To our knowledge, this is the first case of CR in advanced HCC with bone metastasis treated with sorafenib plus zoledronic acid.

要旨
 ソラフェニブは経口マルチキナーゼ阻害薬であり,海外の大規模な第Ⅲ相臨床試験で進行肝細胞癌患者の生存期間を延長することが報告された。これらを経て,本邦においても2009年5月に切除不能な肝細胞癌にも保険適応が承認された。進行肝細胞癌に対するソラフェニブによるCR症例の文献的報告が散見されるが,骨転移が消失した例の報告はない。今回,肝細胞癌の骨転移に対してソラフェニブ(ゾレドロン酸併用)によりCRが得られた症例を経験したので報告する。症例は64歳,男性。B型肝炎キャリアであった。肝細胞癌切除後9か月に骨転移が発見された。ソラフェニブ+ゾレドロン酸を開始したところ腫瘍は徐々に縮小し,開始後15か月でCRが得られた。CR後投与中止して12か月経過したが,再発の兆候は認めない。有害事象に関しては手足皮膚反応を認めたが,一時的なソラフェニブの減量により投与の継続が可能であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【症例】
▶肝細胞癌の骨転移に対してソラフェニブ+ゾレドロン酸によりCRが得られた1例 名取 健ほか
このページの先頭へ