現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


集学的治療により長期生存が得られたStageⅣ胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10672_13
著者:
島田 雅也、村上 望、棚田 安子、遠藤 直樹、角谷 慎一、山田 哲司、車谷 宏、土山 寿志
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.12MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Gastric Cancer Diagnosed as StageⅣ Responding to Combined Modality Therapy and Surviving for a Long Duration

Summary
 A 47-year-old woman was diagnosed as advanced gastric cancer of cardia(poorly-differentiated adenocarcionoma), with multiple para-aortic lymph node and liver metastasis, in March, 2005. We attempted neo-adjuvant chemotherapy with docetaxel(DOC), cisplatin(CDDP), and S-1(DCS). After 3 courses of DCS, we confirmed that the para-aortic lymph nodes and liver metastasis became small. Then, we were able to perform total gastrectomy, splenectomy, and D2 lymph node dissection. Additionally, we performed an intraoperative radiofrequency ablation to the scar of the liver metastasis. Histopathologically, we identified lymph node metastases in #1 and #16b1 pre. S-1 and DOC were administered as adjuvant chemotherapy. At seven years since the operation, the patient has shown no signs of recurrence. Combined modality therapy for advanced gastric cancer diagnosed with stageⅣ can be an effective treatment, so we hope that it will be established as a standard therapy.

要旨
 症例は47歳,女性。2005年3月,傍大動脈リンパ節腫大と多発肝転移を伴う噴門部3型低分化胃癌に対して,docetaxel(DOC),cisplatin(CDDP),S-1による術前化学療法(DCS療法)を3コース施行した。この結果,画像上リンパ節転移の縮小,肝転移の消失をみた。7月,胃全摘術+脾摘+D2リンパ節郭清と肝転移瘢痕に対するラジオ波焼灼術を施行した。病理学的にリンパ節は,#1および#16b1 preにそれぞれ免疫染色にて確認される転移を1個ずつ認めた。術後DOC,S-1による化学療法を継続し,現在7年無再発生存中である。stageⅣ胃癌に対して集学的治療を行うことで長期生存が得られる症例も認めるため,標準的治療の確立が望まれる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【症例】
▶集学的治療により長期生存が得られたStageⅣ胃癌の1例 島田 雅也ほか
このページの先頭へ