現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胃癌術後の癌性腹膜炎に対し集学的治療により約4年以上の延命効果が得られた1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10673_13
著者:
片山 和久、西野 豪志、高橋 裕兒、田中 隆、沖津 宏、沖津 奈都
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Approximately Four Years of Survival Benefits for a Case of Gastric Cancer Postoperative Carcinomatous Peritonitis by Combined Modality Therapy

Summary
 Carcinomatous peritonitis may develop after operation for gastric cancer. As ascites are difficult to control, especially for gastric cancer postoperative carcinomatous peritonitis, many cases are difficult to treat. The present case was a female patient with carcinomatous peritonitis that occurred 2 years post-surgery. Administration of docetaxel(DOC)and S-1 combination therapy achieved a complete response. However, she had a relapse of carcinomatous peritonitis 3 years post-surgery. She underwent bypass operation, followed by DOC and S-1 combination therapy again. She achieved a good quality of life for more than two years. As side effects in patients worsen with the repeated exposure to chemotherapy, continuing the same treatment is difficult. Therefore, we changed the therapy method to irinotecan(CPT-11)/cisplatin(CDDP)therapy, weekly paclitaxel(PTX)and methotrexate(MTX)/5-fluorouracil(5-FU)therapy, and bypass operation when necessary. Rapid progression of her condition was sequentially suppressed, allowing her to continue her everyday life. Overall, this treatment method provided survival benefits of approximately four years following the recurrence of carcinomatous peritonitis.

要旨
 胃癌術後の癌性腹膜炎は,腹水のコントロールが難しく治療に難渋することが多い。今回われわれは,術後2年目に発症した癌性腹膜炎に対してS-1+docetaxel(DOC)療法を施行し,完全奏効が得られた。さらに,術後3年目に再々発した癌性腹膜炎に対してバイパス手術により経口摂取を維持しつつ再度S-1+DOC療法を施行し,2年以上にわたり良好なコントロールが得られた。投与回数の増加とともに副作用で継続困難となったが,化学療法の変更[irinotecan(CPT-11)/cisplatin(CDDP)→weekly paclitaxel(PTX)→methotrexate(MTX)/5-fluorouracil(5-FU)交代療法]とバイパス手術を組み合わせることにより,引き続き病状の進行を制御しつつ日常生活を継続し得た。結果として,癌性腹膜炎の再発から約4年以上もの延命効果が得られた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【症例】
▶胃癌術後の癌性腹膜炎に対し集学的治療により約4年以上の延命効果が得られた1例 片山 和久ほか
このページの先頭へ