現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胃癌同時性肝転移術後の残肝再発に対してS-1併用化学療法が奏効し肝切除術を施行した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10676_13
著者:
武田 真、小里 俊幸、大石 公男、砂山 健一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.27MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Synchronous Liver Metastasis Originating from Advanced Gastric Cancer Treated with Combination Chemotherapy Involving S-1 and Surgical Intervention

Summary
 A 71-year-old man was diagnosed with gastric cancer[cT4, cN0, cH1(S6), cP0, cM0, cStage Ⅳ]and underwent distal gastrectomy with cholecystectomy, partial colectomy for the invasion to the mesentery of transverse colon, and partial hepatectomy for metastatic liver tumor(segment 6). Although chemotherapy with S-1+CDDP was administered after the operation, a recurrent lesion appeared in the remnant of liver(segment 6). The chemotherapy regimen was changed to S-1+CPT-11. Since the only recurrent tumor was found in the remnant liver, it was resected. After S-1 chemotherapy, no recurrence has been detected since the first operation. A good outcome was obtained for this patient with synchronous liver metastasis and the recurrence remnant liver originating from gastric cancer, possibly as a result of the combination of chemotherapy and surgical resection for the primary lesion and liver metastasis.

要旨
 症例は71歳,男性。胃癌の同時性肝転移[LM,Circ,2型,cT4,cN0,cH1(S6),cP0,cM0,cStage Ⅳ]に対して幽門側胃切除,D1+#7,胆嚢摘出術,結腸部分切除術,肝部分切除術を施行した。術後化学療法としてS-1+CDDPを施行したが,残肝再発を認めた。S-1+CPT-11に変更し化学療法を継続,他部位に再発を認めなかったため,初回手術より9か月後に残肝再発巣切除を施行した。術後補助化学療法としてS-1内服を加えることで,術後29か月(初回手術より38か月)が経過したが再発所見はない。胃癌同時性肝転移に対して外科切除を施行した症例であり,化学療法を加えることで残肝再発後の再切除においても良好な予後が得られた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻5号 2013年5月号トップへ

【症例】
▶胃癌同時性肝転移術後の残肝再発に対してS-1併用化学療法が奏効し肝切除術を施行した1例 武田 真ほか
このページの先頭へ