現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


発熱性好中球減少症の病態と診断

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10683_13
著者:
齋藤 健、相羽 惠介
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Pathophysiology and Diagnosis of Cancer Patients with Febrile Neutropenia

Summary
 Exogenous pyrogens induce several cytokines which activate immune responses, and produce fever. In Japan, febrile neutropenia is defined as having an axillary temperature of>37.5℃, and neutropenia showing an absolute neutrophil count(ANC)of<500 cells/μL or an ANC that is expected to reduce to<500 cells/μL during the next 48 hours. Signs and symptoms of inflammation are often attenuated or absent in neutropenic patients. Therefore, careful physical examination is required to detect subtle symptoms and signs of infection. As an initial assessment, laboratory tests should include the following:  a) complete blood cell count with differential leukocyte count and platelet count,  b) measurement of serum levels of creatinine, electrolytes, and hepatic transaminase enzymes,  c) serologic assay for fungal infection, and  d) at least 2 sets of blood cultures. Radiographical approaches are also important for detecting the focus of infection. Proper risk classification should be performed using the Multinational Association for Supportive Care in Cancer(MASCC)scoring system to distinguish high-risk and low-risk patients with febrile neutropenia.

要旨
 発熱は「急性期反応」と呼ばれる非特異的な生体防御反応の一つである。生体内に外因性発熱物質が入ると様々なサイトカインが産生され,免疫系賦活とともに体温上昇を引き起こす。わが国のガイドラインでは「腋窩温37.5℃以上」かつ「好中球数が500/μL未満,もしくは1,000/μL未満で48時間以内に500/μL未満に減少すると予測される状態」を発熱性好中球減少症(febrile neutropenia: FN)と定義している。診断に際しては,好中球減少を伴うために症状・所見が明確でない場合が多く,注意深い診察が必要である。初期血液検査では,a) 好中球減少やリンパ球減少の程度,b) 一般的な肝・腎機能,電解質,c) 真菌の血清学的検査,d) 血液培養による菌血症の有無などを確認する必要がある。また,感染症の病巣の同定を目的とした画像診断は重要である。加えて,FN発症頻度の予測やMASCCスコアを用いた重症化リスクの評価も重要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【特集】発熱性好中球減少症の診療
▶発熱性好中球減少症の病態と診断…齋 藤  健ほか
このページの先頭へ