現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


発熱性好中球減少症時のG-CSF製剤投与法―使用の際のヒント―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10685_13
著者:
村川 康子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Tips on the Use of Granulocyte Colony-Stimulating Factors in Cancer Patients Predisposed to Chemotherapy―Induced Febrile Neutropenia:

Summary
 Chemotherapy-induced febrile neutropenia(FN)is a major risk factor for severe infections, with a dose-limiting toxicity that necessitates dose reductions and/or delays in scheduled chemotherapy sessions. Therefore, the use of granulocyte colony-stimulating factors(G-CSF)is recommended in cancer patients at a risk of chemotherapy-induced FN. Three types of G-CSF, filgrastim, lenograstim, and nartograstim, have been available thus far. The differences in potency and efficacy among these G-CSF needs to be thoroughly understood. Prophylactic G-CSF is recommended in patients receiving a chemotherapy regimen associated with a high risk(>20%)of FN. A chemotherapy regimen associated with intermediate risk(10-20%)of FN, requires particular attention to the neutrophil count and observation of symptoms of infection after chemotherapy. Prophylactic G-CSF could be included in subsequent chemotherapy regimens, if needed.

要旨
 がん化学療法に伴う発熱性好中球減少症(febrile neutropenia: FN)は重篤感染症を引き起こすリスク因子であり,抗がん剤の最大耐用量(maximum tolerated dose: MTD)の決定にも重要な因子となる。また,FNにより抗がん剤減量や治療間隔を延長せざるを得ない場合も生じる。それらを防ぐために,G-CSF製剤を投与することは大切である。現在,G-CSF製剤にはフィルグラスチム,レノグラスチム,ナルトグラスチムの3種類があり,これらG-CSF製剤の特性を把握して使用すべきである。高度骨髄抑制を発症するレジメンでは,初回から予防投与が必要である。その他のレジメンでは,初回がん化学療法において好中球数の推移や感染徴候をきめ細かく観察し,必要に応じてG-CSF製剤を使用し,次回以降における予防投与について検討する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【特集】発熱性好中球減少症の診療
▶発熱性好中球減少症時のG-CSF製剤投与法―使用の際のヒント―…村川 康子
このページの先頭へ