現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


発熱性好中球減少症診療ガイドラインの概要

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10686_13
著者:
高松 泰
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.30MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A General Description of the Clinical Guideline for the Management of Febrile Neutropenia

Summary
 The most serious adverse event in cancer patients who receive anti-neoplastic agents is febrile neutropenia(FN). The clinical guideline for the use of antimicrobial agents in managing patients with FN was published by the Infectious Diseases Society of America. However, the dosage and administration of antimicrobial agents are not completely adapted for Japanese insurance coverage. The Japanese Society of Medical Oncology therefore decided to develop a clinical guideline for the management of FN in Japanese patients. In this study, we provide a general description of the guideline. According to the guideline, fever is defined as a single axillary temperature of ≥ 37.5℃(or an oral temperature of ≥ 38℃)and neutropenia is defined as a neutrophil count of <500/μL or <1,000/μL if the count is expected to decrease to <500/μL within the next 48 h. In patients who develop FN, empirical anti-pseudomonal β-lactam agent monotherapy should be administered promptly at the onset of fever. Antibiotic therapy should continue until patients become afebrile and their neutrophil counts recover to ≥ 500/μL. If fever persists for 4-7 days under antibiotic therapy in high-risk patients, empirical antifungal therapy should be considered. Granulocyte colony-stimulating factor prophylaxis should be considered for high-risk patients with an anticipated risk of FN of ≥ 20%. Key words: Febrile neutropenia, Guideline, Japanese Society of Medical Oncology, Corresponding author: Yasushi Takamatsu, Division of Medical Oncology, Hematology and Infectious Diseases, Department of Medicine, Fukuoka University Hospital, 7-45-1 Nanakuma, Jonan-ku, Fukuoka 814-0180, Japan

要旨
 がん薬物療法を行う場合,最も問題となるdose-limiting toxicityは好中球減少である。好中球減少時に発熱した場合(発熱性好中球減少症: FN),適切な抗菌薬治療を速やかに開始しないと重症化して感染症死する危険がある。アメリカ感染症学会(IDSA)をはじめ,海外からFNの治療および予防に関するガイドラインが公表されている。しかし,記載されている治療薬の用法・用量は必ずしも日本の保険診療に適合していない。日本の日常診療の実態に適したFNの対処方法を明らかにすることを目的に,日本臨床腫瘍学会では「FN診療ガイドライン」を作成した。その概要を紹介する。FNとは,好中球数が500/μL未満または1,000/μL未満で48時間以内に500/μL未満に減少すると予想される状態で,かつ腋窩温37.5℃以上(口腔内温38℃以上)の発熱を生じた場合と定義する。FNを発症した場合は,経験的治療として緑膿菌を抗菌スペクトラムに含むβ-ラクタム薬単剤の経静脈投与を開始する。FNの抗菌薬治療は,原則として解熱が得られ好中球数が500/μL以上に回復するまで継続する。高リスク患者で4~7日間広域抗菌薬を投与してもFNが遷延する場合は,抗真菌薬の経験的治療が推奨される。FNの発症率が20%以上(高リスク)のがん薬物療法を受ける患者では,初回がん薬物療法時からG-CSFの予防投与が推奨される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【特集】発熱性好中球減少症の診療
▶発熱性好中球減少症診療ガイドラインの概要…高 松  泰
このページの先頭へ