現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行・再発胃癌に対する化学放射線療法の治療成績

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10692_13
著者:
石神 純也 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Outcomes of Advanced Gastric Cancer Patients Treated with Chemoradiation Therapy

Summary
 We retrospectively analyzed 20 patients with advanced gastric cancer treated with chemoradiation(CRT). The patients consisted of 16 males and 4 females, 17(85%)of whom received intensive chemotherapy prior to CRT. Radiation was administered concurrently at 40 to 55 Gy according to the purpose of treatment. Sixteen patients received low dose CDDP and S-1. Of 8 patients who had measurable disease, one obtained CR and 3 obtained PR by the CRT. Fifteen percent of the distinct adverse effects of CRT were grade 3 leucopenia and 30% of them were grade 3 nausea. The 2-year-survival of patients who received CRT with curative intent was 91%, significantly higher than the percentage of those with palliative intent. Four patients who received R0 surgery following CRT are postoperatively healthy without symptoms of relapse. In conclusion, even though, 75% of the patients were already given chemotherapy prior to CRT, good outcomes were achieved unexpectedly. The combination of CRT and surgery may be a useful tool for chemo-resistant, locally advanced gastric cancer.

要旨
 遠隔病変のない局所進行・再発胃癌20例に対して化学放射線療法(CRT)を行った。男性16例,女性4例で,局所病変は原発巣11例,リンパ節転移5例,吻合部再発4例であり,17例で化学療法が行われていた。根治照射が12例,自覚症状の緩和目的の照射が8例に行われた。併用する化学療法は低用量CDDP+5-FU持続投与が4例,低用量CDDP+S-1内服が16例であった。主な有害事象はgrade 3の白血球減少,好中球減少および食欲不振であり,75%の症例で化学療法の減量,中止を余儀なくされた。RECISTの評価が可能であった症例は9例で,CRTによる奏効率はCR 1例(11%),PR 3例(33%)であった。緩和照射症例のうち吻合部再発4例中2例(50%)で狭窄症状が軽快した。奏効した4例に根治目的に手術を行い,全例で組織学的にわずかな腫瘍の残存が認められ,追加手術の有用性が示唆された。2年生存率は35%であるが,根治照射群に限ると91%と良好であった。遠隔転移のない進行・再発胃癌に対するセカンドラインの治療法として,CRTは有用であると考えられた。今後,ランダム化比較試験による大規模試験が望ましい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【原著】
▶進行・再発胃癌に対する化学放射線療法の治療成績…石神 純也ほか
このページの先頭へ