現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


マグネシウム投与による食道癌および下咽頭癌のFP療法の腎障害予防効果の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10695_13
著者:
服部正也、藤田崇史、澤木正孝、近藤直人、堀尾章代、牛尾文、権藤なおみ、井戸田愛、市川茉莉、岩田広治
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.09MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Magnesium Premedication Prevents Cisplatin-Induced Nephrotoxicity in Patients with Esophageal and Hypopharyngeal Cancer

Summary
 Hypomagnesemia is one of the well-known side effects in patients receiving cisplatin-containing chemotherapy. However, the relevance between hypomagnesemia and cisplatin-induced nephrotoxicity remain to be completely elucidated. Although patients with esophageal and hypopharyngeal cancer are susceptible to dehydration, there is no evidence yet that magnesium supplementation for these patients will prevent nephrotoxicity during cisplatin-containing chemotherapy. The aim of this study was to examine the effect of magnesium supplementation on the prevention of cisplatin-induced nephrotoxicity for patients with esophageal and hypopharyngeal cancer. Twenty-three patients with esophageal or hypopharyngeal cancer were studied over 2 weeks. Ten of them received magnesium supplementation and 13 did not. Magnesium sulphate(20 mEq)was administered before 5-fluorouracil(800 mg/m2/24 h/day 1-5)and cisplatin(80 mg/m2/day 1)(FP)treatment. The maximum serum creatinine concentration of magnesium-supplemented group demonstrated a significantly lower concentration compared to the non-magnesium-supplemented group(p=0.018). As a result, magnesium supplementation successfully reduced the incidence rate of nephrotoxicity(p=0.038). These results showed that magnesium supplementation before FP treatment may be quite beneficial for preventing nephrotoxicity in patients with esophageal and hypopharyngeal cancer, and it is therefore recommended that magnesium be routinely supplemented during FP treatment for esophageal or hypopharyngeal cancer.

要旨
 目的: cisplatin(CDDP)施行時にMg投与を行うことによりクレアチニン・クリアランスの低下を抑制する海外報告があるが,国内におけるMg投与の有用性を検討した報告は限定されている。そこでMg投与によるCDDPの腎障害予防効果について後方視的に検討した。方法: 2010年6月~2012年5月の期間に虎の門病院消化器外科に入院し,食道癌および下咽頭癌に対してFP(800/80)療法を行った患者のうち,① 初回化学療法,② 投与量100%,③ 1コース目の患者を対象とした。本レジメンによるMg投与以外にMgを含む薬剤を投与されている患者は除外した。Mgは硫酸マグネシウム20 mEqをCDDP投与直前に点滴静注することとした。day 1(or-1)からday 14の期間でCr値が0.5 mg/dL以上の上昇を腎障害と定義した。結果: Mg投与群10例,非投与群13例であった。腎障害発現率は,Mg投与群0%(0/10例),非投与群38.5%(5/13例)で統計的有意差を認めた(p=0.038)。Mg投与群と非投与群のFP療法施行後の最大Cr値の中央値はそれぞれ0.8 mg/dL,1.3 mg/dLで統計的有意差を認めた(p=0.018)。Mg非投与群の腎障害の重症度は,gradeⅠ 4例,gradeⅡ 1例,gradeⅢ以上の発現はなかった。考察: 本研究におけるMg投与群と非投与群の腎障害発現率は,国内学会発表と同程度であり,食道癌および下咽頭癌患者に対する初回FP療法においてMg投与はCDDPによる腎障害を有意に予防できる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【原著】
▶マグネシウム投与による食道癌および下咽頭癌のFP療法の腎障害予防効果の検討…平井 志保ほか
このページの先頭へ