現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胸骨転移から乳癌が発見された乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10699_13
著者:
小林 哲郎、松田 泰樹、安座間 隆
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.04MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Patient with Breast Cancer, Diagnosed from Sternal Metastasis

Summary
 A 32-year-old woman was seen in our hospital for complaints of bulge and pain in the sternum, and upon examination showed a lump in the left breast and enlarged left axillary lymph nodes. The patient was diagnosed with invasive ductal carcinoma with metastasis to the sternum that was T2N1M1(OSS), Stage Ⅳ, hormone-receptor-positive, and HER2-negative. Four courses each of EC and taxane therapy were performed as primary systemic chemotherapy in combination with zoledronic acid, which resulted in calcification of the osteolytic lesion in the sternum and reduced tumor mass in the breast. The patient was judged to have a partial response(PR)to the treatment. Eight months later, breast-conserving surgery and axillary lymph node dissection were performed, followed by radiation therapy to the left breast and sternum. Treatment with zoledronic acid is ongoing and postoperative hormonal therapy has been started. Four years and 4 months after the initial diagnosis, the lesion in the sternum has calcified and hardened and the patient has not had a recurrence in the same breast or elsewhere in the body.

要旨
 症例は32歳,女性。胸骨部の膨隆および痛みで当院を受診した。左乳房のしこりおよび左腋窩リンパ節の腫大が発見され,胸骨転移を伴う浸潤性乳管癌でT2N1M1(OSS),Stage Ⅳ,ホルモン受容体陽性,HER2陰性と診断された。primary systemic chemotherapyとして,ECおよびtaxane療法がそれぞれ4コース施行された。同時にzoledronic acidが投与された。胸骨溶解病変は石灰化,乳癌腫瘤も縮小し,部分奏効(partial response: PR)と判定された。8か月後,乳房温存+腋窩リンパ節郭清術が施行された。術後,左乳房と胸骨に放射線治療を追加した。zoledronic acidの投与は継続され,術後ホルモン療法が開始されている。初診から4年4か月を経過して,胸骨病変は石灰硬化し他部位にも再発をみていない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【症例】
▶胸骨転移から乳癌が発見された乳癌の1例…小林 哲郎ほか
このページの先頭へ