現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1(隔日投与),VNR,MPA併用療法が奏効した乳癌多発性肝転移の2例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10700_13
著者:
岡崎 稔、岡崎 亮、佐藤 文彦、渡部 芳樹、山岸妃早代
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Two Cases of Multiple Liver Metastases Breast Cancer Successfully Treated with Combination Chemotherapy by S-1, Vinorelbine and Medroxyprogesterone

Summary
 We report our experience with two cases of postoperative multiple liver metastases that were reduced remarkably by S-1, VNR, and MPA combination therapy for breast cancer. A case diagnosed as StageⅡB(T2, N1, M0)breast cancer was treated postoperatively with LH-RH agonist and TAM. Another case, diagnosed as StageⅢB(T4b, N2, M0), was treated with postoperative CE therapy. Tumor markers were normalized and liver metastases were shrunk significantly in both cases which received combination chemotherapy of S-1, VNR, and MPA as first-line therapy after recurrence. We conclude that this combination chemotherapy is a useful regimen for metastatic breast cancer patients, because it can be continuously implemented over a long period of time while maintaining high QOL without serious adverse events.

要旨
 症例1例目はStageⅡB(T2,N1,M0)と診断され術後LH-RHアゴニストとタモキシフェン(TAM)を,2例目はStageⅢB(T4b,N2,M0)と診断され術後CE療法を施行した。いずれの症例も,再発後の初回治療としてS-1,VNR,MPAの3剤併用療法を実施することで,腫瘍マーカーの正常化とともに肝転移巣の著明な縮小を認めた。本併用療法は,重篤な有害事象を認めずQOLを高く維持しながら長期にわたって継続実施可能なことから,転移・再発乳癌患者に対して有用なレジメンであると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【症例】
▶S-1(隔日投与),VNR,MPA併用療法が奏効した乳癌多発性肝転移の2例…岡 崎  稔ほか
このページの先頭へ